横浜みなとみらい21

PAGE TOP

20世紀フランスを代表する詩人、ポール・クローデル生誕150年記念!

(TOP画像)ポール・クローデル(皇居内堀にて)

 

20世紀フランスを代表する劇作家、詩人であり、外交官としても世界各地で活躍したポール・クローデル(1868~1955)。本展は、2018年に生誕150年を迎えるクローデルと日本との関係に焦点を当てる企画展です。 彫刻家の姉・カミーユの影響で少年時代から日本文化に強い憧れをいだいていたクローデルは、1921年(大正10)、53歳のとき駐日フランス大使として念願の来日を果たした。公務のかたわら、能や歌舞伎などの古典芸能に傾倒してその舞台技法を吸収し、また終生の大作戯曲「繻子(しゆす)の靴」を完成させるなど、日本での日々は、創作者・クローデルに大きな実りをもたらしました。クローデルは滞日中、箱根など県内各地をしばしば訪れたほか、1923年9月の関東大震災に際しては、倒壊した横浜のフランス領事館(現・港の見える丘公園内)に駆けつけ被災者の救済に奔走するなど、神奈川とのゆかりも深いことで知られています。

 

会場では、エッセイ集『朝日の中の黒鳥(くろとり)』、フランス語による俳句風の短詩集『百扇帖(ひやくせんちよう)』、能や歌舞伎など古典芸能の影響の色濃い舞踊劇「女と影」、戯曲「クリストファ・コロンブスの書物」「火刑台上のジャンヌ・ダルク」など、日本文化の受容を経てクローデルが生み出した作品を紹介するとともに、東京の日仏会館、京都の日仏学館(現アンスティチュ・フランセ関西)の開設に尽力し、日仏文化交流の基盤を作った業績も振り返ります。

 

生誕150年記念
詩人大使 ポール・クローデルと日本展
[日時]5月19日(土)〜7月16日(月・祝)9:30〜17:00(入館は16:30まで)
[会場]神奈川近代文学館 第2展示室
[休館日]月曜日(但し、7月16日は開館)
[料金]一般¥400、65歳以上・20歳未満および学生¥200、高校生¥100、中学生以下無料
[TEL]045-622-6666(神奈川近代文学館)

神奈川近代文学館

当文学館は1984年に開館。この間展覧会としては大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島三兄弟、武者小路実篤、川端康成、太宰治、吉川英治、山本周五郎など個人作家の展示、鎌倉、横浜、川崎など神奈川を地域別に区分けした文学散歩の展示など50回以上の特別展を開催し、常設展示も含めて、文学の展示活動に力を注いで参りました。

  • ショップ・スポット名
    神奈川近代文学館
  • 住所
    横浜市中区山手町110
  • 電話
    045-622-6666
  • 営業時間
    展示室(有料)9:30〜17:00(入場は16:30まで) 閲覧室(無料)9:30〜18:30(土・日・祝日は17:00まで) 貸会議室・和室・ホール(有料)9:30〜21:00

マップ

関連記事

  • 日本郵船歴史博物館で明治150年記念特別講演会、開催(2)

    開催期間:2018/08/18〜2018.08.18
  • 「アイーダ」の圧倒的な舞台をハイビジョン映像で上映

    開催期間:2018/08/25〜2018.08.25
  • 神奈川県民ホールで、究極のオール モーツァルトプログラム!!

    開催期間:2018/07/14〜2018.07.14
  • 馬車道・関内駅からすぐ、この人が作るマティーニが飲みたくて