横浜みなとみらい21

PAGE TOP

【表紙裏話】北鎌倉のアトリエから生まれる草花のアートに心ときめく

今号のmirea70号の表紙はいかがでしたか?

天井からぶら下がるアイアンのモチーフに、
数種類のハーブをあしらったフラワーアレンジメント。
自然光の当たり方によっても表情を変え、空中を浮遊する草花たち。
草花と光と空気が一体化した心地よい表紙に仕上がったのではないかと思います。

とても素敵な草花のアートをmireaの表紙のために生み出してくださったのは、
アーティスト名hanauta#で活動されている、花雑家の水野久美さん。

「心に花を大地に緑を」この言葉を大切に、ブーケやリースの販売に始まり、
最近ではフラワーエッセンスのワークショップを開催するなど、活動は多岐に渡ります。

今回は、グリーンが芽吹く木々や草花が色づく心地よい初夏の号ということで、
爽やかな印象のハーブを使用したフラワーアレンジメントとなりました。

使用したハーブは、ペパーミント、レモンバーム、タイム、ローズマリー、ブルーベリー、
フェンネル、イタリアンベリー、レモンゼラニウム、ローズゼラニウム、フレンチラベンダー、グニユーカリ、ローマンカモミールの全12種類。

ハーブなので、近くによるとふわっといい香りが漂い、
空気が浄化されているような清涼感も感じられるなかでの撮影で、
スタッフ一同、このハーブたちに癒やされたのでした♡

また、水野さんの作品は、生命力にあふれ、伸びやか。
スッと心に染み込み、内側から優しい気持ちにしてくれる“草花のアート”という
印象を抱かせてくれるものばかりです。

ぜひインスタをのぞいてチェックしてみてくださいね。

水野さん自身、植物がもつ“癒やしの力”に助けられた一人だそう。
「植物にはそれぞれメッセージがあるような気がして。私はそれを人に伝えるメッセンジャーになれれば、という想いでやっています」
と話してくださいました。

水野さんの北鎌倉にあるアトリエでは、ワークショップも定期的に開催。
素敵なアトリエを少しのぞかせてもらいましたよ。
グリーンや花があちこちに活けられ飾られ、どこを切り取っても絵になるお部屋。
また、花の写真のタロットも見せていただきました。
フラワーエッセンスのワークショップで使用するそうです。
どれを選ぶかで、その人の本質が見えてくるとのこと。
私も少しだけ見ていただいたのですが、驚くほどに当たっていて、
機会があれば、真剣に見てもらいたくなりました。
興味ある方は、こちらのワークショップも開催しているのでぜひぜひ。

そして今回水野さんの作品コラボしているのが、dots dropsのお料理です。
ハーブに合わせて、グリーンのポタージュ、グリーンサラダを挟んだサンドをコーディネート。
料理をポストカードにして、フラワーアレンジメントと合わせました。
美味しいmireaもご堪能ください。

hanauta# 水野久美さん
【blog】https://kazouka.exblog.jp/
【Instagram】https://www.instagram.com/hanautadiary/
https://www.instagram.com/hanauta_works/

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 70年代のモダン建築に出会える「神奈川県民ホール」(2/2)

  • 70年代のモダン建築に出会える「神奈川県民ホール」(1/2)

  • 吉田町で愛されるバーで、緑色のカクテルをオーダーしてみる!

  • ヌード展 連動企画「人を描く ー日本の絵画を中心に」

    開催期間:2018.03.24〜2018.06.24