横浜みなとみらい21

PAGE TOP

遺された苦悩の果てに、ベートーヴェン 2つの「3番」

(TOP画像/左)高関健(指揮)  ©Masahide Sato
(TOP画像/右)アルセーニ・タラセヴィチ=ニコラーエフ(ピアノ) ©Decca Classics

 

楽聖の苦悩と使命/ベートーヴェン・プログラム。

「私を引き止めたのは芸術である。自分が果たすべきと感じている全てを成し遂げないうちにこの世を去ることはできないのだ。」楽聖ベートーヴェンが、自身の病への絶望と、芸術家として感じた使命感を書いた「ハイリゲンシュタットの遺書」。その「遺書」と同時期に生み出された「偉大なる2つの3番」と、現代の作曲家シチェドリンが、ベートーヴェンの「遺書」にインスピレーションを受けた作品をカップリングした「ベートーヴェン・プログラム」です。若きロシアのピアニストの日本デビューにも、ぜひご注目ください。

 

神奈川フィルハーモニー管弦楽団
定期演奏会 みなとみらいシリーズ 第340回
[日時]6月16日(土)14:00〜
[会場]横浜みなとみらいホール 大ホール
[出演]高関健(指揮)、アルセーニ・タラセヴィチ=ニコラーエフ(ピアノ)、神奈川フィルハーモニー管弦楽団
[曲目]シチェドリン:ベートーヴェンのハイリゲンシュタットの遺書(日本初演)、ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番ハ短調 Op.37、ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調 Op.55「英雄」
[料金]S席¥6,000、A席¥4,500、B席¥3,000、25歳以下(当日)¥1,000、シニア(70歳以上)各席種10%引き
[TEL]045-226-5107(神奈川フィル・チケットサービス)
※チケット発売は5月29日(火)00:00まで。
[URL]http://www.kanaphil.or.jp/Concert/teiki_ensokai.php#550
※未就学児の入場はご遠慮ください。

横浜みなとみらいホール

クイーンズスクエア横浜にある1998年に開館したコンサートホールで、「海の見えるコンサートホール」として親しまれている。
大型のパイプオルガンを設置した大ホール(2020席)と、ウッドデッキの屋上庭園を隣接した小ホール(440席)があり、ほぼ毎日のようにコンサートが開催されます。

  • ショップ・スポット名
    横浜みなとみらいホール
    施設の情報を見る >
  • 住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-6

    横浜みなとみらいホール
  • 電話
    045-682-2000(チケットセンター)
  • 営業時間
    10:00〜17:00
  • 駐車場
    「みなとみらい公共駐車場」の割引券を販売(通常 ¥540/1h)、割引券:一般¥450、Miraist Club 会員¥350
  • 総座数
    大ホール(2020席)、小ホール(440席)

マップ

同じ施設のお店・スポット

  • 横浜みなとみらいホール
    [横浜みなとみらいホール ]

関連記事

  • 人と、アートと、おいしさと。いろんな出会いが待っている場所

  • 小ホールだからオーケストラも、音も、グッと近くに

    開催期間:2018/07/19〜2018.07.20
  • 劇団四季が再び横浜へ! 人間の“光”と “闇”を描くミュージカル

    開催期間:2018/04/08〜2018.07.30
  • 横浜山手・くねくね曲がる谷戸坂の途中にあるちいさなギャラリー