横浜みなとみらい21

PAGE TOP

窓一面に顔を散りばめる作家、象の鼻テラスで日本初個展!!

(TOP画像)(過去参考作品)2011~2013年にVeddelで行ったレジデンスプロジェクトでの作品

 

この度象の鼻テラスでは、2018年7月7日(土)〜19日(木)の期間、クリエイティブな世界各地の港町との文化交流プロジェクト〈ポート・ジャーニー・プロジェクト〉の一貫として、ハンブルグ出身のアーティストRahel Bruns(ラエル・ブランズ)を招聘し、象の鼻テラスから海を望む大きなガラス窓一面に無数の「顔」を散りばめる作家日本初の個展「HUMAN FACES」を行います。

象の鼻テラスに集まる市民や観光客から、開港を支えた国内外の歴史上の人物、交流プロジェクトに関わる人々に至る、この地で交叉したであろう多くの人々の「顔」写真が集められ、作家の手によって、ガラス面いっぱいにダイナミックなパレードとして出現します。象の鼻テラスから海を背景としたインスタレーションを見渡した時、作品の顔とガラス越しに見える往来の人々の顔が混ざり合い、鑑賞者に人と人とのつながりについて考えるきっかけを提示します。

自身を取り巻く世界や日常への違和感をモチーフに作品制作をしている Rahel Bruns。彼女は、2011 年から 2 年間に渡り、かつてナチスから逃亡者を大量に送り出し、現在は大量の移民を受け入れているハンブルクの Veddel 港(フェッデル港)を行き交う人をテーマに同プロジェクトを実施しました。開港から 150 年以上が経ち、様々な文化や人々が絶えることなくつくり出した創造的な港町・横浜と、ハンブルグの港 Veddel を重ね合わせ、港の歴史に想いを馳せながら、未来への希望をつなぐ人々のパレードを出現させます。

 

★見どころ★
鑑賞者がインスタレーション作品の一部になる!
参加型の本作品では、撮影した鑑賞者の顔写真がモチーフ化していく過程をお楽しみいただけます。展覧会の開催前から期間中にわたり、象の鼻テラスでは写真撮影のブースを設置し、参加いただける方々を募ります。会期中、ドローイングのワークショップも開催し、描いた絵が作品の一部になっていく様子を楽しんでいただけます。

(過去参考作品)2011~2013年にVeddelで行ったレジデンスプロジェクトでの作品

 


(過去参考作品)2011~2013年にVeddelで行ったレジデンスプロジェクトでの作品

 

===ポート・ジャーニー・プロジェクトについて===
クリエイティブな街づくりを推進する世界各地の港町と文化交流を図り、象の鼻テラスと、各都市で独自な活動を行う文化施設がサステナブルな関係構築を目指す国際的なプロジェクトです。2011年に横浜とメルボルン(オーストラリア)の交流からスタートし、以降、ネットワークを徐々に拡大し、年に一度のディレクター会議(毎年ホスト都市を変えて実施)や2ヶ月に一回のオンライン会議も行いながら、交流する2都市間や、アーティストのみにとどまらない広い意味での文化交流のかたちを探っています。
【現在までの参加都市(ディレクター会議の単回参加も含む)】横浜(日本)、メルボルン(オーストラリア)、サンディエゴ(アメリカ)、ハンブルク(ドイツ)、上海(中国)、グローニンゲン(オランダ)、バーゼル(スイス)、ナント(フランス)、レイキャビク(アイスランド)、アンマン(ヨルダン)、高雄(台湾/予定)、バルセロナ(スペイン/予定)など。
*PORT JOURNEYS オフィシャルページはこちら

 

ポート・ジャーニー・プロジェクト ハンブルグ⇄横浜
ラエル・ブランズ展「HUMAN FACES」
[日時]7月7日(土)〜19日(木)10:00〜18:00
※開館時間は都合により変更する場合がございます。
[会場]象の鼻テラス
[料金]無料
[主催]象の鼻テラス
[TEL]045-661-0602(象の鼻テラス)

 

関連イベントもチェック!!

ワークインプログレス
展覧会を公開で制作・設営します。また、ボランティアスタッフとともに顔写真のシールを貼るワークショップも行います。
[日時]7月7日(土)・8日(日)

トークイベント「空間からコミュニティへ。《公共》をシフトする」
都市開発の研究、実践に携わる日米のゲストを交えて、いまあるべき「公共」について語り合うトークプログラム。米ジョージア州、サンディエゴ、横浜市のケーススタディに触れながら、「公共」の使い方の未来像をディスカッションします。
[日時]7月13日(金)17:00〜
[出演]〈登壇者〉秋元康幸(横浜国立大学 客員教授/一般社団法人 横濱まちづくり倶楽部 事務局長)、James Enos(ジョージア大学芸術学部准教授)、Jan Derek Diekema(CareX ディレクター(フローニンゲン))、〈ファシリテーター〉鈴木伸治(横浜市立大学国際総合科学部教授)
[料金]無料

レセプションパーティー&アーティストトーク〈スナックゾウノハナ〉
[日時]7月13日(金)19:00〜
[出演]〈登壇者〉Rahel Bruns(アーティスト)、原倫太郎(アーティスト)
[料金]無料

ワークショップ
ドローイングのワークショップを実施します。参加者が描いたドローイングが、その場で作品の一部に加わっていく様子をお楽しみください。
[日時]7月14日(土)・15日(日)
[アーティスト]Rahel Bruns
[料金]無料

※詳しくは、象の鼻テラスの公式イベントサイトでご確認ください。

象の鼻テラス

象の鼻テラスは2009年にオープンした横浜市の文化観光交流移設であり、無料のレストハウスです。

アート、パフォーマンス、音楽、映画などの文化プログラムを定期的に開催しています。

テラス内にはテイクアウトスタイルのカフェ「象の鼻カフェ」が併設されています。

  • ショップ・スポット名
    象の鼻テラス
  • 住所
    横浜市中区海岸通1丁目
  • 電話
    045-661-0602
  • 営業時間
    10:00−18:00 年中無休(年末年始を除く)

マップ

関連記事

  • 恋に翻弄され、オペラの魅力に溺れたいならこれで決まり!

    開催期間:2018/09/16〜2018.09.16
  • 自分ができる最高の仕事を形にしていく[蓮華草元町工房]

  • ホテルのメインバーで過ごす贅沢な時間とは?

  • 市民に開かれたアートな空間で、想像の翼を広げる“あれこれ”に出会う