Gourmet
2016.01.12

フレッシュフルーツとあったか紅茶が出会った奇跡、召し上がれ


横浜で「フルーツ」といえば、真っ先に思い浮かぶのが横浜水信。大正4年の創業から100年を迎えた老舗が、この冬贈るのが温かい「フルーツティー」¥530だ。

ガラス製のティーポットには、季節のフルーツが数種類浮かび、目にも鮮やか。いずれも紅茶と好相性のフルーツを厳選したというだけあって、ティーカップに注ぐとほのかに甘い香りが立ち上る。


店頭に並ぶ旬のフルーツは、スポット契約をした農家から直送されるものも。皮付きのままフルーツティーに使用するものは電解水で洗い、風味を守りながら汚れやワックスはしっかり落としているため安心感も高い。紅茶はもちろん、ノンカフェインのルイボスティもあるので妊婦さんや授乳中の方にもおススメ。ぜひ、定番人気のフルーツサンドと一緒に味わってみて。