横浜みなとみらい21

PAGE TOP

MRJを操縦してみよう!! 三菱みなとみらい技術館

三菱重工の最先端技術を展示・紹介する三菱みなとみらい技術館。
その中で航空宇宙分野の先進技術を紹介する「航空宇宙ゾーン」が2月28日にリニューアルオープンしました。

今回のリニューアルの中心は、なんと言ってもMRJの実物大模型(機首、前胴部の外観と内部・エンジン)の展示。MRJとは言わずもがな、三菱リージョナルジェットで、YS-11以来約40年ぶりとなる国産旅客機です。

コックピットでは、実物そっくりの操縦機器でMRJのフライトシミュレーションが体験できます。

設置されているキャビンシートは6席。実際のMRJに設置される本物のシートです。
全体的に薄くしなやかなデザインにすることにより前後の間隔が広くなり、ゆったり座れる空間が確保されています。

そして見上げると、天井にはなんと富士山が。

ロケットエンジンファクトリーには、打上成功率97%を誇るH−IIAロケットに搭載されているロケットエンジンの実物も展示されています。

また国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟の実物大模型を展示。

出口には、「May the Dream be with you.」の言葉とともに、宇宙服のレプリカ。ここでの写真撮影は大人気です。

そのほか、航空宇宙ゾーンには、少年の空への憧れをアニメーションで描く「イマジネーションシアター」、飛行機の設計や整備をゲームで体験するMRJファクトリー、宇宙空間を体感するフロンティアシアターなど、「かつて見上げた憧れの空から、その高みの先にある宇宙を目指して!」というテーマに沿った展示が多数あり、時間を忘れて楽しめます。

最後に、MRJのフライトシミュレーションで、目的地に到着できるのは5人に1人くらいだとか。
かなり難しいようですが、ぜひチャレンジしてください!!

三菱みなとみらい技術館

航空宇宙、海洋、交通・輸送、くらしの発見、環境・エネルギー、技術探検の6つのゾーンに分かれており、実物や大型模型などで最先端の技術をご紹介しています。
また、オリジナルの体験型展示を備えた先着予約制の「トライアルスクエア」では、月面資源採掘船の開発プロジェクト体験(有料)ができます。

【入館料】
一般 500円/中・高校生300円/小学生200円
※団体(20名以上)は各100円引き
※65才以上の方、障害者の方とお付添いの方は無料(証明書・手帳をご提示ください)

  • ショップ・スポット名
    三菱みなとみらい技術館
  • 住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3-1
  • 電話
    045-200-7351
  • 営業時間
    10:00〜17:00まで (但し、入館は16:30まで) 毎週火曜日(祝日の場合は翌日) 年末年始及び特定休館日

マップ

関連記事

  • 街角にジャズが流れるとき

  • インナーハーバーの生き物たちが増えました!

  • みなとみらいの「いきものがかり」!

  • みなとみらいのおもしろアイス(1)〜カップヌードルソフトクリーム