横浜みなとみらい21

PAGE TOP

70年の時を刻む野毛の老舗バーで。素敵な出会い、いっぱい!

オンナヒトリ
Bar
で美しい
一杯を

今回で2回目となる、オンナお一人様で行くバー連載。美しい一杯との出会いを求めて、横浜の夜の街に繰り出してきました。

伺ったのは、昭和21年創業、今年で70周年を迎える野毛のバー「R(アール)」。ここは、路面店で、さらに入るのを躊躇してしまうバー特有のあの“重厚な扉”ではなく、ガラス張りの扉で中の様子が窺えるため、バー初心者としては入りやすくてありがたいお店です。


店内には、カウンター席と、テーブル席があり、シーンと静まり返ったバーというよりは、お客様がそれぞれ自由に楽しめるオープンな雰囲気が漂っているのも魅力です。テーブル席にはグループでのお客様の利用もあるので、日によって店内の雰囲気が違うのもここバー「R」の特徴だとか。

さっそくカウンターに座り、この店を3代目オーナーバーテンダーとして受け継いだ塚田さんにご挨拶。いち早く初夏の気分を味わいたかったのでその旨を伝えると、お任せで作ってくださいました!

まず最初の一杯は、春〜夏にかけて人気の「モヒート」です。ミントの葉がたくさん入っているのがウレシイ♪ さらにソーダがシュワッとして本当に爽やかな飲み口です。

比較的入りやすいお店とはいえ、 カウンターに座るとオーダーするだけでも緊張する〜! そんな私に「私たちバーテンダーはお酒を作るのが一番ではなく、空間を作るのが一番の仕事です。お話しされたいのか、お一人で静かに飲まれたいのかを見極めながら、この空間で過ごす時間を楽しんでいただけるようおもてなしさせていただきますので、安心してお越しください」と、塚田さん。「R」を受け継いで今年で10年目という塚田さんは、その前は横浜みなとみらいにあるホテルのバーでバーテンダーをやっていらっしゃったそうです。お若く見えますが、バーテンダー歴20年のベテラン! その中で先輩バーテンダーの方たちにさまざまなことを教えていただいたそうで、「お客様とお話しさせていただくのも、一人にして差し上げるのも、どちらも大切なサービス。一人ひとりお客様の様子をきちんと伺いながら、居心地のいいひとときを過ごしていただけるよう空間を作るのが私たちバーテンダーの仕事だと教わりましたね」。

そんなお話しを伺いながら、次の一杯もお任せでオーダー。作っていただいたのが、こちらです!

バラの花のように赤く色づいたショートカクテル「ジャックローズ」。リンゴのお酒カルバドスと、ライムジュース、ざくろのシロップなどで作られる、こちらもさっぱりとした飲み口の一杯でついつい進んでしまいます。美しいカクテルグラスに鮮やかな赤が映えて、女性らしいエレガントなお酒に巡り会えました♡

ふと店内を見渡してみると、黒板に季節のカクテルやおつまみのメニューが書かれています。そこで、バー初心者として素朴な質問を。「バーには、手にとって見られるメニューは置いていないのですか?」

その質問に対する塚田さんの答えがまた素敵でした! 「当店には、メニューはございます。でも、若い頃、バーテンダーの先輩に『カウンターの中に立った以上、お前がメニューなんだ。メニューの紙きれに頼ってはいけないと教えられたんです」と。「どれにするか迷われているお客様には『メニューをご覧になりますか?』と一度こちらから聞いて、お出しする場合もあります」。なるほど〜!!!!

ちなみに、どうしてもメニューを見て自分でじっくり選びたいという方にだけ出される幻のメニューはこちら。

店内の様子を少しご紹介しましょう。歴史のある「R」を訪れたら、ぜひ見ていただきチェックポイントがいくつかあるんです。(塚田さんに教えていただきました!)まずはこちらの椅子。

開店当時からカウンターで使用されているというウッドスツール。見てください! この重厚感! 革や布が張られていない天然木そのままの座面を! 70年、この店を愛するお客様たちに座られてきた年月が木の風合いに現れています。この夜、この椅子に座って楽しいひとときを過ごした私も、「R」のこれからも続く歴史に少しは関われたということになるかな? なんて感慨深く思ったり…。「R」に来たら、この椅子にはぜひ座ってみてほしいです!

さらに、こちら! 入り口の壁に落書き発見!?

落書きなんてとんでもない!! こちらの絵をよ〜く見ると、酒好きの方なら見覚えありますよね? そうです、サントリーウイスキートリスのあのマスコットキャラクター“アンクルトリス”の生みの親、イラストレーターの柳原良平氏のイラストとサインです!

「柳原先生は、私がホテルのバーテンダーをしていた頃によく通っていただいた常連のお客様で、私が野毛の店に移ることをお話したら、時々この店にも足を運んでくださいました」と懐かしそうに語る塚田さん。「ここにも先生の絵が飾ってあるんですよ」という先を見ると、カウンターの中央の壁に素敵な絵が飾られていました。

バー「R」の扉と、アンクルトリス!!! この店のため、塚田さんのために描かれた世界にたった1枚の作品です。ステキ〜! 「残念ながら先生は他界されてしまいましたが、私にも、この店にも先生の思いが今もしっかりと残っています」。その作品の斜め上には、サントリーの前身「寿や」のチェーンバーとしての証となるプレートも飾られています。

皆さんもここに来たら、バーテンダーさんのお話しを聞きながら、ぜひチェックしてみてください。素敵な出会いが待っていますよ! そのほかにもピアノがあったり、年代モノのレジが置いてあったり、、、

カウンターに座った直後は緊張していたのに、おいしいお酒をいただきながら、いつの間にか塚田さんの楽しいお話に引き込まれている私。。。初めてでも、一人でも、とにかくお店の雰囲気に身を任せてみればいいんですね。素敵なお話、ありがとうございました! そして、ごちそうさまでした!

R

昭和21年にオープン。横浜・野毛町にある創業70周年を誇るオーセンティックバー。レンガを基調とした落ち着いた空間で、カウンター席とテーブル席があり日によって店の雰囲気が変わるのも魅力のひとつです。スタンダードなものから、季節のカクテル、お酒のお伴になるフードメニューも用意されています。

  • ショップ・スポット名
    R
  • 住所
    横浜市中区野毛町1-15
  • 電話
    045-253-2588
  • 営業時間
    18:00〜翌2:00(L.O.1:30) ※日・祝は17:00〜24:00(L.O.23:30)
  • クレジットカード
    可(JCB、AMEX、VISA、MASTER、Diners)
  • 駐車場
    無(近隣にコインパーキング有り)
  • 喫煙
  • 予約
  • サービス料・チャージ
    ¥300(税込)
  • 平均利用額
    ¥3,000〜¥3,999
  • 個室
  • 総座数
    30席(カウンター14席、テーブル16席)
  • ペット
    不可
  • テイクアウト/お弁当
  • お子様メニュー
  • コース料理
  • 貸切
    不可

マップ

関連記事

  • 30年以上の歴史を誇る若手ピアニストの登竜門!

    開催期間:2017.11.03
  • 作家ヴァージニア・ウルフの傑作を、 白井晃演出で日本初演!

    開催期間:2017.09.23〜2017.10.09
  • 第25回はジャズ生誕100年記念! 日本を代表するジャズミュージシャンが横浜に集結

    開催期間:2017.10.07〜2017.10.08
  • 大人に混じって、伝統的な大衆芸能を体験してみよう