横浜みなとみらい21

PAGE TOP

変わり種 !? トマトのソフトは後味さわやか、ふわっ

横浜でフルーツといえば、まず思い浮かぶのが創業100年を迎えた「横浜水信」。大正4年に台湾バナナの加工卸売業としてスタートし、現在に至るまで旬のみずみずしい果実を食卓に届け続けている。

暑い時期ともなれば、ぜひ食べたいのがその水信ならではのフレッシュフルーツを使ったソフトクリームだ。

果実本来の味わいを邪魔しないようにと、アイスクリームは後味が残らないさっぱり系。今回試食させていただいたバナナはエクアドル産で、ねっとりとした濃厚な甘さが特長だそう。生のままさっぱり系のアイスクリームと混ぜ合わせることで、後を引く甘みを生み出している。

また、もう一品試食したのは、他店ではまず見かけないトマト。

アイスクリームにトマトのフィリングを練り込み、上からローズソルトとオリーブオイルをまわしかけることで、なんとも言えない甘じょっぱさに!フィリングのシャリッとした歯触りも絶妙で、なんとも言えない爽やかさが口いっぱいに広がった。テイクアウトOKなので、街歩きをしながら味わってみては。

季節に応じて、さまざまなソフトクリームが登場する同店。「今度はどんなフルーツのソフトが出るかな」と通うのも楽しい。

オススメ!掲載記事

関連記事

  • ごはんがすすむ!湯葉入りの辛ウマ麻辣豆腐でスタミナ補給

  • まるでケーキ!?サクサクのパイ生地にたっぷりの苺やリンゴが人気!

  • 【12】フレッシュジュースで美容に磨きをかける

  • ウワサのオリジナルメニュー「ポキスパ」で、気分はハワイアン♪