横浜みなとみらい21

PAGE TOP

広津和郎と画家たちとの書簡、自身が描いた絵画など約30点を展示

(TOP画像)広津和郎 愛蔵の美術品とともに 1955年

 

敗戦後の混乱時に起きた松川事件を究明した『松川裁判』や、同時代の文学者を活写した文壇史『年月のあしおと』などで知られる作家・広津和郎(1891~1968)は、2018年で没後50年となります。「雨」などの悲惨小説で知られるその父・柳浪(りゅうろう)(1861~1928 没後90年)、「石蕗の花」で女流文学賞を受賞した長女・桃子(1918~1988 生誕100年)と、親子三代にわたって文学の道を歩みました。 和郎は、若いころ画家を志したことがあり、文学者として活躍しながら足繁く画廊や古美術店を訪れ絵画や骨董を蒐集するなど晩年まで美術に親しみました。画家たちとの親交も深く、彼等から贈られた絵画も愛蔵し、その蒐集の模様は当時の新聞や雑誌でしばしばとりあげられました。

桃子没後広津家の継承者がなく、広津家資料の散逸を防ぐために桃子の知友が中心となって尽力された結果、1995年に広津家の文学資料が当館に寄贈されました。当館ではそれら7,000点余の資料を広津柳浪・和郎・桃子文庫として保存し、同時に広津和郎・桃子の著作権を継承することになりました。

文学資料以外の美術品については、絵画は平塚市美術館へ、陶磁器類は神奈川県立歴史博物館へ収められましたが、その際何点かの絵画については所在が不明となっていました。2016年、それらを保管していた桃子の友人のご遺族から、和郎旧蔵絵画のなかでも重要な位置を占めていた中村彝(つね)、安井曾太郎などの作品が当館に寄贈されました。

本年、広津家三代のメモリアルイヤーを迎えるにあたり、これら新収蔵の絵画と、和郎と画家たちとの交流を示す書簡、和郎自身が描いた絵画など、約30点を展示して紹介します。

 

スポット展示「広津和郎と絵画 〜近年の収蔵資料から〜」
[日時]12月8日(土)〜2019年1月20日(日)9:30〜17:00(入館は閉館30分前まで)
[会場]神奈川近代文学館 第3展示室
[休館日]月曜日(但し、12/24・1/14は開館)、12/28〜1/4
[料金]一般¥250、20歳未満および学生¥1150、65歳以上・高校生¥100、中学生以下無料
[主催]県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
[TEL]045-622-6666(神奈川近代文学館)
[URL]https://www.kanabun.or.jp/exhibition/8821/

神奈川近代文学館

当文学館は1984年に開館。この間展覧会としては大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島三兄弟、武者小路実篤、川端康成、太宰治、吉川英治、山本周五郎など個人作家の展示、鎌倉、横浜、川崎など神奈川を地域別に区分けした文学散歩の展示など50回以上の特別展を開催し、常設展示も含めて、文学の展示活動に力を注いで参りました。

  • ショップ・スポット名
    神奈川近代文学館
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山手町110
  • 電話
    045-622-6666
  • 営業時間
    展示室(有料)9:30〜17:00(入場は16:30まで) 閲覧室(無料)9:30〜18:30(土・日・祝日は17:00まで) 貸会議室・和室・ホール(有料)9:30〜21:00

マップ

関連記事

  • 樫本大進、渾身のブラームス! プラハ響、本家の「新世界より」!

    開催期間:2019.01.06
  • 料理もおいしいと評判のバーで、キーンと冷えた一杯を

  • 横浜・関内へ! 世界チャンピオンのバーテンダーさんに会いに行く

  • 豪華アーティストによる観覧無料のスペシャルライブ

    開催期間:2018.12.22〜2018.12.25