横浜みなとみらい21

PAGE TOP

旧横浜船渠の石造りドックの歴史や果たしてきた役割を紹介

(TOP画像)横浜みなと博物館所蔵

 

みなとみらい21地区に残る旧横浜船渠の2つの石造りドックは、近代横浜の港、工業、街の発展の歩みを物語る貴重な遺産です。帆船日本丸(国指定重要文化財)大規模修繕にともない、約20年ぶりに第一号ドック(国指定重要文化財)がドライアップするのを機に、ドックの歴史や果たしてきた役割を紹介します。

 

企画展「横浜船渠 ドック物語」
[日時]2月2日(土)~3月24日(日) 10:00~17:00(最終入館16:30)
〈休館日〉月曜日(但し、2月11日(月・祝)は開館し翌12日(火)休館)
[場所]横浜みなと博物館
[料金]一般¥200/小・中・高校生・65歳以上¥100
※企画展のみ見学の料金です。
※横浜みなと博物館常設展示室、柳原良平アートミュージアムをご見学になる場合は、別途入館料が必要です。
※横浜みなと博物館の単館券(一般¥400/65歳以上¥250/小・中・高校生¥200)で企画展もご覧になれます。
※毎週土曜日は小・中・高校生は単館券が¥100の特別料金になります。
[TEL]045-221-0280
[URL]https://www.nippon-maru.or.jp/event/20190108-4328/

 

[関連イベント]
〈学芸員による展示解説〉

担当学芸員が、企画展「横浜船渠 ドック物語」について解説します。
[日時] 2月9日(土)、3月2日(土)、3月16日(土)
各日①11:00~ ②14:00~
[会場]横浜みなと博物館特別展示室
[参加費]無料
※ただし、企画展または常設展示室の入館料が必要です。申込不要、当日会場へお越しください。

横浜みなと博物館

日本丸メモリアルパークにある横浜みなと博物館は、開港からおよそ150年の中で「横浜港」が積み上げてきた歴史や、横浜港の仕組と役割を紹介しています。「横浜港」をテーマにした初めての博物館です。
「歴史と暮らしのなかの横浜港」をメインテーマに、150年の歴史を紹介する「横浜港の歴史」ゾーンと、横浜港の役割をテーマ別に学べる「横浜港の再発見」ゾーンで構成された常設展示。
こどもから大人まで、横浜港のことが楽しく学べる博物館となっています。

  • ショップ・スポット名
    横浜みなと博物館
  • 住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1
  • 電話
    045-221-0280
  • 営業時間
    10:00〜17:00(入館は16:30まで) 休館日:月曜日(祝日は開館し、翌日休館)、年末(12/29〜31)、臨時休館日

マップ

関連記事

  • 25周年記念! 自社ミュージアム開館の歩みを辿る展覧会

    開催期間:2019.02.09〜2019.07.07
  • お馬さんがいっぱい!横浜の歴史とともにある馬車道をぶらり!

  • 世界を魅了した“横浜真葛(まくず)焼”を展示「宮川香山 真葛ミュージアム」

  • 鈴木雅之、待望の全国ツアー。4/14(日)神奈川県民ホールに!!

    開催期間:2019.04.14