横浜みなとみらい21

PAGE TOP

箱根の隠れ家ホテルで、体を整え、心を解き放つ贅沢時間を過ごそう

箱根湯本駅から、伊豆箱根バスに乗車すること30分弱(交通状態によって時間は前後します)。
「早雲山上」というバス停を降りて、すぐそばに、
箱根の最高部に位置するリトリートホテル「ビオテラス オルガニカ箱根」があります。

ホテルの玄関を入ると、素敵な光景がお出迎え。

奥のロビーガラス越しから入る自然光が、
エントランスのスケルトンで押し花が埋め込まれた壁を通過して、
ふわっと包まれるような、とてもステキな空間が広がっていました。

ロビーは、それぞれがリラックス過ごせる、カフェのような空間。

ロビーと食事をするレストランが繋がっていて、開放的な空間と窓越しのグリーンな世界にほっと癒されます。

ホテルで提供している料理は「マクロビオティックフレンチ」。
地産地消を目指し、地元の有機野菜をふんだんに使用。
四季折々で変わる、目にも楽しい料理です。

こちらはある日のディナーの一部。
前菜の3種盛り合わせ。

小田原みかんと人参グラッセ
ユリ根とソラマメのアーリオオーリオ
筍と葉キャベツのマリネ

メインは「帆立のフリカッセ」でした。

また、「ビオテラス オルガニカ箱根」の料理の魅力のひとつがこちら。

「メゾンブレモンド1830」という、新しいグルメグローサリーを料理に取り入れています。
プロヴァンス産のフレーバーオリーブオイルやバルサミコなどで、
提供する料理にも使用している他、お客自身で、この調味料を自由に加えながら
味変しつつ、好みの味を見つけることができる、楽しみもあるのです。

こちら、日本初上陸の調味料だそうですよ!
ホテルで購入することもできます。お土産やプレゼントにもぴったり。

さて、客室はというと…ハーブの名前がそれぞれについています。

コリアンダー、ジャスミン、ターメリックなど個性的。
その名前を連想するような、カラーリングに包まれた、異なる雰囲気の客室も必見です。

また、「メディテーションルーム」という、スタジオのような部屋があります。

ヨガマットなども完備しているので、自由にヨガをしたり、
チュポンというカンボジアから取り寄せたスチームハーブサウナも体験できるそう。

温泉は厳選かけ流しです。

アメニティは、こだわりのオーガニックコスメ。

タオルは今治で、触り心地も最高です。

客室に置かれた、石鹸はカンボジアの手作り石鹸。

香りも使用感も抜群です。
とても貴重な石鹸なので、使用後は家にお持ち帰りしてほしい、とビニール袋も置かれていました。

こうした、隅々までこだわりが詰まったエシカルな空間と、窓から見える最高の景色。

深く深く深呼吸をしたくなる、
日常を離れ、自分らしさを取り戻せる、
そんな心地よい時間を過ごすことができる、極上のホテルです。

ビオテラス オルガニカ箱根

小田急線箱根湯本駅からバスで30分。箱根の最高部に位置するリトリートホテル。ハーブの名がつけられたそれぞれ内装が異なる客室。アメニティはオーガニックに統一され、今治タオルなど、心地よいもの、空間に包まれた非日常空間が広がる。料理は地元の有機野菜をふんだんに使用したマクロビフレンチ。メディテーションルームではヨガやチュポンなども可能。

  • ショップ・スポット名
    ビオテラス オルガニカ箱根
  • 住所
    神奈川県足柄下郡箱根町強羅1322-36
  • 電話
    0460-87-0610
  • 営業時間
    チェックイン15:00 チェックアウト10:00

マップ

関連記事

  • 桜鑑賞の途中で立ち寄りたい「象の鼻テラス」。1Dayイベントも開催!

    開催期間:2019.03.31
  • 海からの景色を楽しみつつ、フレンチを堪能できるマリーンルージュ

  • 「MMテラス サマーフェスタ」でペンギンと海がめに会いました。

  • 鎌倉駅すぐそばで気軽に立ち寄れる、健康サポートばっちりのカフェを発見♪