横浜みなとみらい21

PAGE TOP

わかりやすい! インパクト大! 昭和初期に紙面を飾った『写真ニュース』たち

 

ニュースパーク(日本新聞博物館)は、3月29日(金)から6月30日(日)まで、企画展「戦争と戦後の掲示板——昭和初期の『写真ニュース』コレクション」を開催します。

インパクトのある写真に数行の解説文を付けて新聞・通信各社が発行する「写真ニュース」。インターネット、デジタルメディアが浸透した現代では、以前ほどの役割は担っていないものの、今も駅や学校などで見かけます。大正末期から昭和の初めに広がり、百貨店や商店、町内、官公庁、学校などに掲示されてきました。

ビジュアルで分かりやすく、人々の目に飛び込みやすいのが、写真ニュースの特徴です。当館は写真ニュースを3,000点以上所蔵しており、昭和10年代から20年代の資料が中心です。今回の企画展は、全体を3部に分けて約200点の資料を展示し、昭和の戦争と戦後の新聞報道のあり方を、写真ニュースから考えます。

 


チャップリン君 大好物の天ぷらフライ
(時事新報寫眞ニュース) 1936(昭和11)年3月8日
日本新聞博物館提供

 


はしゃぐ子供たち
(朝日写眞ニュース) 1950(昭和25)年5月10日
日本新聞博物館提供

 


ホット一息ついた嘉納翁、ピラミッド見物
(同盟ニユース) 1938(昭和13)年4月8日
日本新聞博物館提供

 

 

戦争と戦後の掲示板――昭和初期の「写真ニュース」コレクション
[日時]3月29日(金)〜6月30日(日)10:00〜17:00(入館は16:30まで)
[会場]ニュースパーク(日本新聞博物館) 2F企画展示室
[休館日]月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は次の平日)
[料金]一般¥400、大学生¥300、高校生¥200、中学生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方と付添の方1名無料
[主催]ニュースパーク(日本新聞博物館)
[TEL]045-661-2040(ニュースパーク)
*公式サイトはこちらから!!

ニュースパーク(日本新聞博物館)

ニュースパーク(日本新聞博物館)は2016年7月20日、情報社会と新聞・ジャーナリズムの役割を体験しながら学べる施設に生まれ変わりました。新聞記者のオンとオフをタッチパネル展示で紹介するなど、楽しく学ぶ仕掛けがたくさんあります。取材体験ゲーム「横浜タイムトラベル」は、横浜の街並みを再現したジオラマにタブレットをかざして過去にタイムスリップ。ペリー来航と日米和親条約の締結、日本大通りや山下公園の誕生の秘密といった横浜の謎を取材して解明します。企画展やさまざなイベントを実施しているほか、製作工房では、いつでも記念マイ新聞づくりができます。

  • ショップ・スポット名
    ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • 住所
    神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
  • 電話
    045-661-2040
  • 営業時間
    10:00〜17:00 (入館は16:30まで) 【休館日】月曜日(祝日・振替休日の場合は翌平日)、12/29〜1/4
  • 平均利用額
    一般¥400、大学生¥300、高校生¥200、中学生以下無料

マップ

関連記事

  • クロスワード・スケッチを手に、気になった作品を見つけに行こう

    開催期間:2019.04.02〜2019.07.19
  • 中華街の喧騒から離れて、お散歩しながらふらりとギャラリーへ

  • 開港160年を記念して、県立歴史博物館で20年ぶりの「横浜浮世絵」特別展!!

    開催期間:2019.04.27〜2019.06.23
  • 3大テノール…世界を魅了した夢の競演がスクリーンに蘇る!

    開催期間:2019.06.29