横浜みなとみらい21

PAGE TOP

恒例の萬斎トークに始まり人間国宝・野村万作による狂言、萬斎による夜咄も

 

舞台美術と照明の演出により、能楽堂とはひと味違った雰囲気でご覧頂く「狂言の現在」シリーズ。1998年の関内ホールから、神奈川県民ホールを挟んで毎年続いている公演です。解りやすい恒例の萬斎トークに始まり、人間国宝の至芸による太郎冠者狂言「樋の酒」は、風変わりな酒宴で披露する謡が聴きどころ。また、萬斎ほか大勢で賑やかに繰り広げられる和泉流占有の鬼狂言「弓矢太郎」では、暗くて怖い日本の夜咄の世界を舞台照明を駆使した演出で表現します。

 

 

野村万作萬斎 狂言の現在2019
[日時]7月19日(火)14:00〜(13:30開場)
[会場]神奈川県民ホール 大ホール
[内容・出演]レクチャートーク 野村萬斎、狂言「樋の酒」野村万作、狂言「弓矢太郎」野村萬斎
[料金](全席指定)一般¥6,000、学生¥4,000
※学生券は「いがぐみ」からの申込みのみ。当日学生証をご提示ください。
[主催]いがぐみ、アクセス
[チケット販売]
■いがぐみ WEB予約はこちらから!! TEL.03-6909-4101
■チケットかながわ WEB予約はこちらから!! TEL.0570-015-415(10:00〜18:00)
[TEL]045-212-5555(アクセス/平日11:00〜18:00)
*神奈川県民ホールの公式サイトはこちらから!!
※未就学児の入場はご遠慮ください。

 

 

神奈川県民ホール

1975年、山下公園・横浜港・中華街などの恵まれた環境の中、全国屈指の大型文化施設として、また国際レベルの音楽、舞台芸術、そして美術に親しむ空間として誕生。
世界で活躍するアーティストを中心に、充実した公演を開催し、芸術文化の創造と振興につとめています。

  • ショップ・スポット名
    神奈川県民ホール
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山下町3-1
  • 電話
    045-662-5901
  • 営業時間
    開館時間:9:00〜(閉館時間は公演による)

マップ

関連記事

  • 日本生息の肉食恐竜フクイラプトルが新登場! この夏、横浜の関内ホールに!!

    開催期間:2019.07.26
  • 開港160年を記念して、県立歴史博物館で20年ぶりの「横浜浮世絵」特別展!!

    開催期間:2019.04.27〜2019.06.23
  • ヨコハマのディープカルチャーストリート「伊勢佐木町商店街」へGO!

  • 1,000円で楽しめるコンサート。出演者と観客が一緒になって歌う時間も♬

    開催期間:2019.08.30