横浜みなとみらい21

Gourmet
2019.09.20

ひと口で幸せな気分をくれる 「毎日のお菓子」こそ良い物を

忙しい日のひと休み。スマホを置いて自分のために少しだけ丁寧にお茶を淹れてみませんか。そして、イギリスではベーカリーでパンの横に並んでいる日常の気軽な焼菓子をどうぞ。

「焼菓子工務店」には、余計な飾り気はないけれど、ロンドンのレシピを元に日本の素材や気候にあわせて繊細にアレンジ、丁寧に手作りされたしっとり、優しい甘さの焼き菓子が並んでいます。

英国レモンケーキ\220は、爽やかなレモンの香り、アイシングとの甘酸っぱさのコントラストがたまらないおいしさ。冷蔵庫で冷やしていただくのもおすすめです。

※表示価格は2019年9月現在の価格になります。

コンクリートのスタイリッシュでおしゃれな店内に並ぶ焼き菓子。どれにしようかな・・迷うのも気分の上がるひと時です。

バナナマフィン\150 お財布にもうれしい価格とサイズ。バナナのとろりと自然な甘さをシナモンが引き立てます。さくさく、ほろほろクランブルもおいしい。

 

ブラウニー \250 しっとり、なめらかな半生チョコ感に、胡桃がアクセント。濃厚なおいしさです。

ドロップスコーン\170 外はさっくり、中はしっとり。ほんのり塩が効いていて、粉のおいしさを味わえます。

チーズクリームキャロットケーキ\350 にんじん嫌いの子供もOK。ナッツとシナモンに人参が約40%も入った控え目な甘さと、たっぷりのったなめらかなクリームチーズで、男性にも人気。

他にも・・しっとりふんわり軽い生地に、チーズとベリーが並んだ断面も可愛らしいリコッタチーズとミックスベリーのケーキ\280、チョコ好きな人におすすめの、しっとりほろほろのココア生地に、とろりホワイトチョコとクランベリーが見た目も可愛いリッチホワイトチョコレートケーキ\350、日替わりのクッキー\160などがあり、店内のイートインスペースでも味わえます。

 

「焼菓子工務店」、店主のご実家は、白楽で代々100年近く続く工務店。その一角に、自ら大工さんと二人で、シンプルをコンセプトに手掛け、オープンされました。

シンプルをコンセプトに、オープンされました。そして、焼き菓子は仕入れから接客まで全ての行程を店主一人で行っています。焼き上がりを計算して1日かけて仕込み、生地がしっとり落ち着き、味もなじんでおいしくなった翌日に、開店。水・金・日曜、週3日の営業は、そんな理由から。

見た目はシンプルで飾り気のない焼き菓子ですが、どれも丁寧に手作り、カットは切り口のチョコレートが割れないように細心の注意を払って・・など、大切に作られています。慌ただしい毎日のひと休み、こんな焼き菓子があったら、香りのいいお茶やコーヒーを少しだけ丁寧に淹れて素敵なティータイムが過ごせそう。そんな、毎日の暮らしをちょっと楽しくしてくれる焼き菓子です。

そして・・1日3回、焼き上がりにあわせてお店に並ぶロンドンクロワッサン\220は、店主がベーカリーで修行をするきっかけにもなった思い入れのあるもの。きれいな層が出来るように手間をかけ、時間がかかるため数量限定ですが、パリ、フワの独特な食感が人気、隠れた目玉商品です。

 

SPOT INFO

焼菓子工務店

忙しい日の一休み。スマホを置いて自分のために少しだけ丁寧にお茶を淹れてみませんか。そして、イギリスではベーカリーでパンの横に並んでいる日常の気軽な焼菓子をどうぞ。  「焼菓子工務店」には、余計な飾り気はないけれど、ロンドンのレシピを元に日本の素材や気候にあわせて繊細にアレンジ、丁寧に手作りされたしっとり、優しい甘さの焼き菓子が並んでいます。

  • ショップ・スポット名
    焼菓子工務店
  • 住所
    神奈川県横浜市神奈川区六角橋2-5-24
  • 電話
    080-6605-5718
  • 営業時間
    水・金・日10:00~18:00  月・火・木・土定休、他定休あり
  • 総座数
    4席