Art&Culture
2019.07.29

『スーホの白い馬』や遊牧民の食住、家畜馬との共生、日本との関係を紹介

 

かつて遊牧民族が騎馬技術を駆使し、帝国が築かれたモンゴルの地では、古くから牧畜が生業として営まれてきました。現在でも伝統的な遊牧生活が受け継がれているモンゴル国では、民は五畜と呼ばれる五種類の家畜(ウマ・ヒツジ・ヤギ・ウシ・ラクダ)を飼い、季節ごとに放牧地を求めて壮大な草原を移動します。五畜の中でもウマは、広い草原地帯で暮らす人々にとって重要な移動手段であると同時に、悠久の歴史を共に歩んできた特別な存在です。

本展では『スーホの白い馬』や、遊牧民の食住や彼らを支えた家畜馬との共生、そして日本との関係の一端をご紹介します。これを機会に、遊牧民への興味が芽生え、家畜馬への関心を寄せていただければ幸いです。

 

テーマ展「モンゴルの生活と日本」
[日時]7月27日(土)〜9月29日(日)10:00〜16:30(入館は16:00まで)
[会場]馬の博物館 第3展示室
[休館日]月曜日(但し、8/12、9/16・23は開館)、8/13(火)、9/17(火)・24(火)
[協力]浅野慈司氏(写真家)
[料金]大人¥100、小・中・高校生¥30、障がい者手帳をお持ちの方無料 ※毎週土曜日は小・中・高校生無料
[主催]公益財団法人 馬事文化財団
[TEL]045-662-7581(馬の博物館 総務部)

 

 

SPOT INFO

馬の博物館

馬と人との交流によって生まれたさまざまな文物を、自然史・歴史・民俗・美術工芸・競馬などの幅広い分野の中からテーマを定め、年間5〜6回に分けて、ご紹介しています。春には特別展、秋には企画展を開催し、より深く多様な視点から馬文化について知ることができます。

また、ポニーセンターではサラブレッドやポニーなどさまざまな品種の馬を飼養しており、毎週土曜日のにんじんタイムや、毎月第3日曜日の乗馬デーなど、実際に馬とふれあうことができるイベントを行っています。

  • ショップ・スポット名
    馬の博物館
  • 住所
    神奈川県横浜市中区根岸台1-3

    馬の博物館
  • 電話
    045-662-7581
  • 営業時間
    【開館時間】10:00〜16:30(入館は16:00まで) 【開苑時間】9:30〜17:00 【休館・休苑日】月曜日(但し祝日・振替休日は除く)、年末年始、その他臨時休館あり
  • 駐車場
    専用駐車場無し/根岸森林公園駐車場をご利用ください