Event
2019.08.02

パリ万博130周年記念 「エミール・ガレ vs ドーム兄弟」 

みらい美術館で「エミール・ガレ vs ドーム兄弟」が開催中です。

今回の企画展では、1889年に開催されたパリ万博に出展された「葡萄に蜘蛛の巣文花器」(エミール・ガレ)をはじめ、エミール・ガレとドーム兄弟の希少作品約50点が展観されます。

パリで有名なエッフェル塔は、1889年に開催されたパリ万博のシンボルとして建設されました。世界中から3000万人以上の人々が訪れたこの万博で、エミール・ガレはガラス部門でグランプリを受賞し、世界的な名声を得ました。これに触発され、ガレと同郷のガラスメーカー「ドーム」は高い芸術性の作品制作に乗り出します。ガレとドームは切磋琢磨し、画期的なガラス技法を用いた作品を制作、1900年に再び開催されたパリ万博で、両者はグランプリを獲得しました。

この機会に、ガレとドーム兄弟の繊細な作品をお楽しみください。

※みらい美術館には、横浜歯科医療専門学校の創設者であり、ガラス工芸品の収集家として有名な鶴見輝彦氏のコレクションが展示されています。

エミール・ガレ vs ドーム兄弟

◆日時:2019年8月1日(木)~12月8日(日) 10:00~17:00
※月曜、水曜は休館。入館は閉館の30分前
◆会場:みらい美術館(みなとみらい学園2F 西区高島1-2-15)
◆入館料:一般 800円/学生 600円
◆お問合せ:045-222-8696(開館時のみ)

SPOT INFO

みなとみらい学園

  • ショップ・スポット名
    みなとみらい学園
  • 住所