Art&Culture
2019.09.02

チャイコフスキーをメインに、チェコ・フィルの“今”を聴く!

 

チェコ文化を代表する存在であり、温かく美しい響きで聴衆を魅了する、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団。

この名門オケを率いるのは、2018年10月より首席指揮者・音楽監督として就任したセミヨン・ビシュコフ。

就任早々の待望の来日ツアーとなり、現在ビシュコフと共に精力的に取り組むチャイコフスキーをメインに、チェコ・フィルの“今”を聴くことができる。

チャイコフスキーの交響曲のなかでも人気の第5番を披露する。

また、彼らの故郷チェコ音楽の中でも大切なレパートリーである、スメタナの「わが祖国」から“モルダウ”なども演奏される。

伝統と革新が融合される新たな時代の幕開けをお聴き逃しなく。

 

 

セミョン・ビシュコフ (c)Sheila Rock

 

 

【横浜音祭り2019】
セミヨン・ビシュコフ指揮
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
[日時]10月20日(日) 15:00(14:20開場)
[会場]横浜みなとみらいホール 大ホール
[出演者]
セミヨン・ビシュコフ(指揮)
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
[プログラム]
〈スメタナ〉
連作交響詩「わが祖国」より “ヴィシェフラト(高い城)” “モルダウ” “シャールカ”
〈チャイコフスキー〉交響曲第5番 ホ短調 作品64
[料金]
(全席指定) S席:¥19,000 A席:¥15,000 B席:¥12,000 C席:¥9,000
※就学前のお子様の同伴、入場はご遠慮ください。
[主催]横浜みなとみらいホール (公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
[共催]横浜アーツフェスティバル実行委員会
[問合せ]045-682-2000(横浜みなとみらいホールチケットセンター)
[URL]http://www.yaf.or.jp/mmh/recommend/2019/10/2019-2.php

 

SPOT INFO

横浜みなとみらいホール

横浜みなとみらいホールは、横浜市西区みなとみらい地区にある音楽専用ホールです。
1998年の開館以来、横浜市民だけでなく、国内海外のアーティストからも「海の見えるコンサートホール」として親しまれています。館長は作曲家の池辺晋一郎です。大型のパイプオルガンを設置した大ホール(2020席)では、定期的に1ドルまたは100円の料金で楽しめるオルガン・コンサートを開催しています。ウッドデッキの屋上庭園を隣接した小ホール(440席)は室内楽の演奏会に最適です。大・小ホールともに、毎日のようにコンサートが催されています。

  • ショップ・スポット名
    横浜みなとみらいホール
  • 住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-6

    横浜みなとみらいホール
  • 電話
    045-682-2000(チケットセンター)
  • 営業時間
    (電話予約)10:00〜17:00、(窓口)11:00〜19:00 【休館日】不定休 ※詳しくはホームページ等でご確認ください。
  • 駐車場
    「みなとみらい公共駐車場」の割引券を販売(通常 ¥540/1h)、割引券:一般¥450/1h、Miraist Club 会員¥350/1h
  • 総座数
    大ホール(2020席)、小ホール(440席)
  • URL