Art&Culture
2019.09.06

写真家、浅田政志さんの写真スタジオが彫刻の森に出現!

 

(TOP画像)撮影:浅田政志

 

「浅田家」をはじめとした人々の記憶に残る記念写真を撮り続けている写真家、浅田政志さんの写真スタジオが彫刻の森に出現! カメラ片手にフォトジェニックな作品を作ってみませんか?

【ストーリー】
Asada-Studio(浅田撮影局)の二代目主は浅田政志。
先代の父から受け継いだ写真スタジオを次男の政志が切り盛りするようになり、はや 10 年が過ぎようとしている。記念写真の撮影で日々てんてこまいの Asada-Studio、しかし主の政志ときたら、彫刻撮影に夢中なのだ。
午前9時、箱根彫刻の森美術館の開館にあわせるように、カメラを担いで出かける。巡る季節は彫刻を美しく彩り、訪れる人々は千変万化の表情を見せる。その様子を眺めつつ、シャッターをきる、それを繰り返す日々。日中歩きまわり、夕方写真スタジオでゆっくり寛ぐかと思いきや、撮影の自主練習と称してスタジオ内に彫刻の台座を置くと言い始めた。
そんな様子を見初めたか、見かねたのか、なんと美術館から期間限定でスタジオをつくってみたまえとお誘いを受けた。はりきる政志を先代は親心で心配しているが、主の座を譲ったからには、息子の好きにさせようと温かく見守っている。その温情を胸に、政志は今日も美術館のどこかで撮影に勤しんでいる。スタジオをつくった割には、政志不在の時間が多いけれど、撮影を楽しむ秘訣をそこかしこに散りばめたこのスタジオで、今夏最高の思い出がいくつもうまれることを大いに期待している。
※このストーリーはフィクションです。

 

【展示案】展示場内は自由に撮影できます。
来館者に大人気の「目玉焼きのオブジェ」が、会期限定でスタジオに出現! 足場を設けて高い位置から撮影できます。他にも所蔵作品と一体化できるスポットや、台座から顔を出して胸像になれるスポット、たくさんの人が青空の背景でいっぺんに撮影できるスポット、二代目スタジオ主の書斎があります。

 

彫刻の森美術館開館50周年記念イベント
ちょうこくの森アートライヴ2019
Asada-Studio 浅田撮影局
[日時]8月3日(土)〜9月23日(月・祝)
[開館時間]9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで、年中無休)
[会場]彫刻の森美術館 本館ギャラリー1F
[二代目主 出勤日]8月3日(土)、4日(日)、9月22日(日)、23日(月・祝)
[料金](入館料のみ/個人)一般¥1,600、大学生・高校生¥1,200、中学生・小学生¥800、(障害者手帳をお持ちの方)一般¥1,000、大学生・高校生¥700、中学生・小学生¥500
※「毎週土曜日はファミリー優待日」保護者1名につき小・中学生5名まで無料ご招待です。
[TEL]0460-82-1161(彫刻の森美術館)

 

 

SPOT INFO

彫刻の森美術館

四季折々の雄大な自然が楽しめる箱根。彫刻の森美術館は、その大自然を生かして1969年に開館した、国内ではじめての野外美術館(オープンエアーミュージアム)です。箱根の山々が望める7万㎡の緑豊かな庭園に、近・現代を代表する彫刻家の名作約120点が常設展示されています。お気に入りの作品をじっくり眺めたり散策気分でのんびり歩いたり、思い思いに芸術とふれあうことができます。また、世界有数のコレクション300点余りを順次公開しているピカソ館をはじめ、室内展示場や天然温泉の足湯もあり、心豊かな憩いのひとときを過ごすことができます。

  • ショップ・スポット名
    彫刻の森美術館
  • 住所
    神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121
  • 電話
    0460-82-1161
  • 営業時間
    9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで) 年中無休
  • 駐車場
    有(有料)
  • 平均利用額
    【入館料】一般¥1,600、大学生・高校生¥1,200、中学生・小学生¥800 *「毎週土曜日はファミリー優待日」保護者1名につき小・中学生5名まで無料ご招待です。
  • URL