Art&Culture
2019.09.06

工場長はアーティスト開発好明。ルールを守って楽しく工場見学!

 

(TOP画像)撮影:浅田政志

 

観客参加型の作品を多く手がけているアーティスト、開発好明(かいはつ よしあき)さん。アートで来館者とコミュニケーションする様々な方法で、彫刻の森での思い出を演出します。一年後の未来に郵便が届く「未来郵便局」も浅田さんとのコラボとして登場します。

【ストーリー】
みなさん
こんにちは。今日もお元気ですか? 工場長の開発好明です。
ここ、あれこれ開発工場は工場長が一人で、いくつも工場を掛け持ち運営している全国1のダイアモンドブラックな工場なのです。ブラックと言っても、鉄黒、黒橡(くろつるばみ)、暗黒色、漆黒、濡羽色、墨色、ランプブラック、ピーチブラック、アイボリーブラックと様々で塗り比べるとなんとなく識別できたりします。
そんな、働くのが大好きで黒を超えて輝くダイヤモンドのような工場長が各工場を回りながら今日も様々な作業を公開します。そして見学者も作業員となって作ったり、持ち帰ったりできますよ。

各工場にはルールがあります。ルールをしっかり守って楽しい工場見学をしていってください。

 

【展示案】展示場内は自由に撮影できます。
今回の展覧会では、参加型の展示を心がけました。そして、どのように参加してもらえるかを4つのキーワードにしてみました。考える、体験する、飾れる、持ち帰るです。このキーワードから過去の作品や未発表の作品をピックアップする中で、会期中誰かが動いていたり、作品が増えたりしているような動きの豊かな展覧会にする事にしました。

 

彫刻の森美術館開館50周年記念イベント
ちょうこくの森アートライヴ2019
あれこれ開発工場
[日時]8月3日(土)〜9月23日(月・祝)
[開館時間]9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで、年中無休)
[会場]彫刻の森美術館 本館ギャラリー中2F、2F
[工場長 出勤日]8月3日(土)、4日(日)、17日(土)、18日(日)、9月14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)
[料金](入館料のみ/個人)一般¥1,600、大学生・高校生¥1,200、中学生・小学生¥800、(障害者手帳をお持ちの方)一般¥1,000、大学生・高校生¥700、中学生・小学生¥500
※「毎週土曜日はファミリー優待日」保護者1名につき小・中学生5名まで無料ご招待です。
[TEL]0460-82-1161(彫刻の森美術館)

 

 

SPOT INFO

彫刻の森美術館

四季折々の雄大な自然が楽しめる箱根。彫刻の森美術館は、その大自然を生かして1969年に開館した、国内ではじめての野外美術館(オープンエアーミュージアム)です。箱根の山々が望める7万㎡の緑豊かな庭園に、近・現代を代表する彫刻家の名作約120点が常設展示されています。お気に入りの作品をじっくり眺めたり散策気分でのんびり歩いたり、思い思いに芸術とふれあうことができます。また、世界有数のコレクション300点余りを順次公開しているピカソ館をはじめ、室内展示場や天然温泉の足湯もあり、心豊かな憩いのひとときを過ごすことができます。

  • ショップ・スポット名
    彫刻の森美術館
  • 住所
    神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121
  • 電話
    0460-82-1161
  • 営業時間
    9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで) 年中無休
  • 駐車場
    有(有料)
  • 平均利用額
    【入館料】一般¥1,600、大学生・高校生¥1,200、中学生・小学生¥800 *「毎週土曜日はファミリー優待日」保護者1名につき小・中学生5名まで無料ご招待です。
  • URL