Art&Culture
2019.09.09

一年間、毎月一回開催!「人間国宝」山本東次郎による企画公演

 

(TOP画像)狂言「月見座頭」(大蔵流)山本東次郎 撮影:神田佳明

 

4月から1年間、毎月大蔵流狂言方の「人間国宝」山本東次郎が東次郎家に伝わる芸の中から十二番を選び、自らが演じます。「翁」の三番三に始まり、能「船弁慶」の間狂言、そして通常の公演では上演頻度の少ない稀曲・秘曲も織り交ぜながら、狂言の奥深い魅力とともに、山本東次郎の芸を余すところなくお見せいたします。第6回は、狂言「法師が母(ほうしがはは)」と「月見座頭(つきみざとう)」の2曲。

「法師が母」……酒に酔った勢いで妻に暴力を振るい、家から追い出した夫。しかし、酔いが覚めると後悔し、妻を探しに彷徨い出る。能「丹後物狂」を下敷きに、後半部分はすべて謡と舞で演じられる舞狂言。

「月見座頭」……中秋の名月の夜、月を見られぬ座頭が虫の音に耳を傾け、楽しんでいるのに目を留めた月見の男。和やかに酒を酌み交わし、謡い舞い、共にひとときを楽しむが、男のなかに悪戯心が持ち上がる。人間の心を鋭く突いた名曲。

 

 

横浜能楽堂企画公演
「東次郎 家伝十二番」第6回
[日時]9月22日(日)14:00〜15:35(開場13:00)
[会場]横浜能楽堂
[内容]狂言「法師が母」(大蔵流)山本則重、狂言「月見座頭」(大蔵流)山本東次郎
[料金](全席指定)¥4,000、A席¥3,000、B席¥2,500
[チケット販売]横浜能楽堂 TEL.045-263-3055/WEBでのご予約はこちらから!!
[主催]横浜能楽堂
[問合せ]045-263-3055(横浜能楽堂)

 

 

SPOT INFO

横浜能楽堂

高い企画・制作力によって知られる、日本の古典芸能のアーツセンター。
能を始めとする日本の古典芸能の上演だけに止まらず、
海外とのコラボレーションにより新たな作品も生み出しています。

  • ショップ・スポット名
    横浜能楽堂
  • 住所
    神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘 27-2
  • 電話
    045-263-3055