Art&Culture
2019.09.26

横浜開港160周年記念、所蔵文献や浮世絵から当時のヨコハマを探る

 

(TOP画像)出品資料の一部、参考図

 

2019年は横浜美術館の開館30周年であるとともに、横浜開港160周年記念の年でもあります。美術情報センターでは「描かれたヨコハマ」と題して、横浜の開港をきっかけに日本に上陸した外国人たちが、日本人の生活や風俗をどのように捉えたのかを知ることができる資料”Narrative of the expedition of an American Squadron to the China seas and Japan performed in the years 1852, 1853, 1854″(『ペリー艦隊日本遠征記』)をご紹介します。一方で、日本の絵師たちは開港から急速に西洋化し、発展していく横浜の様子を、江戸時代から続く伝統的な浮世絵の手法で残しました。それらは「横浜浮世絵」と呼ばれ、当時の街の賑わいや人々の往来を描いています。「横浜浮世絵」の代表的な作品が多く収載された資料もあわせてご紹介します。

 

横浜美術館開館30周年記念 横浜開港160周年記念
「描かれたヨコハマ」
[日時]9月20日(金)〜2020年4月1日(日)〈予定〉10:00〜18:00
[会場]横浜美術館 美術情報センター
[休館日]木曜日(12月26日は開室)、12月28日(土)~2020年1月2日(木)、特別整理期間 2020年2月7日(金)~16日(日)〈予定〉
[料金]無料
[問合せ]045-221-0300(横浜美術館)

 

 

SPOT INFO

横浜美術館

横浜美術館は、1989年11月3日に開館しました。迫力のあるシンメトリーな外観と、吹き抜けの開放的なグランドギャラリーが特徴の当館は、7つの展示室のほか、11万冊を超える蔵書がある美術情報センター、多彩なワークショップを行うアトリエなども揃う、国内でも有数の規模を誇る美術館です。 国際的な港町、横浜にふさわしい美術館として、開港以降の近・現代美術を幅広く鑑賞していただけるほか、年間を通じて、約1万2千点の所蔵品からテーマごとに展示を行うコレクション展、多彩な企画展を開催しています。

 

(写真左)撮影:笠木靖之
(写真中央)撮影:笠木靖之
(写真右)撮影:田中雄一郎

 

  • ショップ・スポット名
    横浜美術館
  • 住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
  • 電話
    045-221-0300
  • 営業時間
    10:00〜18:00(入館は17:30まで) 木曜および年末年始は閉館
  • URL