Art&Culture
2019.10.13

ノーベル賞受賞化学者・白川英樹博士と「導電性プラスチック」作ろう

 

(TOP画像)透明フィルムスピーカー

 

はまぎん こども宇宙科学館では、白川英樹博士 特別実験教室「導電性プラスチックを作ろう!透明フィルムスピーカーへの応用」を開催します。この実験教室は、2000年にノーベル化学賞を受賞した白川英樹博士自らが講師を務め、地域の子供たちに最先端の科学技術に触れ、実験に挑戦する機会を提供することを目的として実施しています。教室では、両面に電圧を加えると伸び縮みする性質のあるピエゾフィルムの両面に導電性プラスチックを塗ることで透明なフィルムスピーカーを作ります。導電性プラスチックの性質やスピーカーのしくみを学ぶことができます。

 


白川英樹博士

 

白川英樹博士 特別実験教室
「導電性プラスチックを作ろう!透明フィルムスピーカーへの応用」
[日時]11月30日(土)13:00〜16:30
[会場]はまぎん こども宇宙科学館 2F実験室
[講師]白川英樹博士(筑波大学名誉教授)
[対象]小学校5年生〜高校生
[定員]16名
[料金]無料(事前申込制/入館料別途、土曜日は小・中・高校生の入館料無料)
[申込方法]公式サイトの「お申込みフォーム」、または往復はがき(はまぎん こども宇宙科学館「白川英樹博士 特別実験教室」係宛)にて事前申込み。4名様まで同時申込み。以下の必要事項を明記してください。

(1)教室名、(2)参加者名・ふりがな、(3)年齢・学年、(4)郵便番号・住所、(5)電話番号、(6)メールアドレス
[締切]11月16日(土)必着
※1回につき1名様のお申込みとなります。
※抽選結果は当落に関わらずご連絡いたします。
※ご参加には「当選通知」が必要となります。前日までに当落のご連絡がない場合は、恐れ入りますが「はまぎん こども宇宙科学館」までご連絡ください。
※往復はがきの返信おもて面に、参加者宛先の住所、氏名をご記入ください。
※往復はがきでのお申込みの場合、次のお申込みは無効となりますので、ご注意ください。また、該当のはがきは返却いたしかねます。
・消えるボールペンで記入された場合
・1通の往復はがきに複数のイベントや複数の開催日時、複数名の方のお名前を記入された場合
・記入された内容に不足、不備がある場合
・往復はがき以外(片道はがきなど)でお送りいただいた場合
・応募期間以外に申込まれた場合
※郵便料金が不足している往復はがきは受取りいたしかねます。
[主催]はまぎん こども宇宙科学館
[TEL]045-832-1166(はまぎん こども宇宙科学館/9:30〜17:00)

 

 

SPOT INFO

はまぎん こども宇宙科学館

5FからB2まである館全体は、宇宙船をモチーフにしています。
各フロアは、それぞれにコンセプトがあり、宇宙の広がりをさぐる「宇宙船長室」、カミナリやオーロラのふしぎにふれる「宇宙発見室」、“月面ジャンプ”や“空間移動ユニット”が人気の「宇宙トレーニング室」など、体験型展示が豊富です。子どもから大人まで、自分でふれて体感して、楽しく遊びながら宇宙や科学のふしぎにふれることができます。
5Fキャプテンシアターでは、身近なものを使って科学に親しむことができる「サイエンス・ショウ」を土・日・祝日に開催。
宇宙劇場では、直径23mのドーム全体に広がる迫力の映像と、リアルで美しい星がつくりだす、臨場感あふれる宇宙を体験できます。小さなお子さまから大人まで楽しめるプログラムをご用意しています。全ての番組で約15分間、スタッフによる星空の解説を行います。
その他、月に2回程度、星空観察会を開催。実際の星空のもと、星の解説を行ったり、天体望遠鏡を使った観察をします。


【入館料】
大人 400円、小・中学生200円
【宇宙劇場(プラネタリウム)入場料】
大人(高校生以上)600円、小人(4才以上中学生以下)300円
※3才以下のお子様でも座席をご利用の場合は有料。
※宇宙劇場(プラネタリウム)のみご利用の場合も、入館料が必要です。
※団体料金は有料の方30名様以上に適用いたします。

  • ショップ・スポット名
    はまぎん こども宇宙科学館
  • 住所
    神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1

    はまぎん こども宇宙科学館
  • 電話
    045-832-1166
  • 営業時間
    9:30~17:00(最終入館は16:00まで) 【休館日】第1・3火曜日、年末年始、臨時休館
  • 駐車場
    有(乗用車約70台/1回700円) ※車いすをご利用でお手帳をご提示の場合、駐車料金が無料となります。
  • 予約
    ※団体料金は有料の方30名様以上に適用いたします。
  • URL