Art&Culture
2019.10.13

ブラジルの日本移民111周年を記念して、横浜でみんなで祝おう!

 

横浜港は、「あるぜんちな丸」「さんとす丸」などの移民船で多くの日本人がブラジルを中心とする南米に移住するための出発地だったことをご存じですか? 旅立つ移住者や帰国者が宿泊する「移民宿」が最盛期には20軒近く立ち並んでいました。移住者の多くの方々は横浜にとても親近感を感じています。ブラジルの日本移民111周年を多くの移民を送り出した横浜から祝うと共に、190万人となったブラジル日系人に思いを馳せ、地球の両側に位置する日本とブラジルの友好と連携を心にこの記念の年を祝いましょう! 今年はアマゾン日本移民90周年でもありますので、一緒にお祝いいたします。

 

 

VIVA! 111 de Yokohama
横浜でみんなで祝おうブラジル日本移民111周年
[日時]11月14日(日)9:30〜オープン
《第一部》10:00〜12:00 記念講演・展示(JICA横浜)
《第二部》13:00〜16:00 ステージ物販(象の鼻パーク)
[会場]《第一部》JICA横浜、《第二部》象の鼻パーク
[出演]
《記念講演》細川多美子(サンパウロ人文科学研究所 常任理事)、伊藤修(伊豆大島 富士見観音堂 堂守)、斉藤達也(ブラジルsolidario横浜 会長)、ほか
《ステージショー》ブロコ城南、カポエイラヘジョナルジャパン東京、クルベ・ダ・パイシャオン、逗子フレスコボールクラブ、ほか
[定員(記念講演のみ)]45名
[料金]無料(記念講演参加は要事前予約)
[チケット販売]記念講演参加のご予約はこちらからお申込みください。
[主催]ブラジルsolidario横浜
[問合せ]045-935-1315(ブラジルsolidario横浜)
[MAIL]bsyokohama1908@gmail.com

 

 

SPOT INFO

JICA横浜

赤レンガ倉庫を目の前にしたみなとみらい21地区に位置し、市民の皆さまに愛されるセンターを目指して、神奈川県におけるJICAの総合的な拠点として2002年に開設されました。
横浜市などの自治体、大学・学校、NGO、民間企業などと連携し、横浜ならではの国際協力を実践しています。

2Fにある【海外移住資料館】では、日本から海外へ移住した日本人移住者の歴史・生活・体験や、世界各地に存在する日系社会の現在の様子などを展示。【図書資料室】では、世界の絵本や移住関連資料を見ることができます。
3Fには、港が見えるレストラン 【Port Terrace Cafe】があり、ゆっくり過ごせます。
(入館料:無料)

  • ショップ・スポット名
    JICA横浜
  • 住所
    神奈川県横浜市中区新港2-3-1

    JICA横浜
  • 電話
    045-663-3251
  • 営業時間
    10時〜18時(最終入館17:30)
  • URL