Art&Culture
2019.10.15

スポットライトで光と影を作り出して人物のデッサンに挑戦!

 

ギャラリーのスポットライトでコントラストのある光と影を作り出して、人物を描きます。光の方向を変えてクロッキーで描くため、様々な光の表情を見られるでしょう。年末1日だけの試みに、ぜひご参加ください。
《内容》
◎クロッキーで、男性モデルを描きます。
◎15分・10分・5分で合計14ポーズになります。
◎部屋全体の光を抑えるため、通常のデッサン会に比べて手元が暗くなります。(色を使うには不向きです)

 

11月15日(金)より受付開始!!
Salvia美術倶楽部 vol.4
「光と影を描く」
[日時]12月28日(土)13:30〜16:00(受付開始13:00)
[会場]鶴見区民文化センター サルビアホール 3Fギャラリー
[対象]高校生以上
[定員]15名(先着順/要事前申込)
[参加費]¥1,500(当日、受付にてお支払いください)
[持ち物]
●鉛筆、コンテ、パステルなど普段お使いの画材
※床がじゅうたんのため、油絵具、水を使う画材(水彩絵具、墨など)はご遠慮ください。
●クロッキー画帳など
※画板(48cm×35cm)と椅子をご用意しております。
[申込方法]所定の応募用紙に必要事項をご記入の上、ファックス(045-511-5712)かサルビアホール窓口に直接ご持参ください。専用フォームからもご応募いただけます。申込書のダウンロードはこちらから!!
[主催]鶴見区民文化センター サルビアホール
[問合せ]045-511-5711(鶴見区民文化センター サルビアホール)
※講師はおりません。参加者のみなさまに自主的に描いていただくデッサン会です。
※見学のみはできません。
※モデルさんの写真撮影は禁止です。
※デッサン中は、携帯電話やスマートフォンはマナーモードにし、ご使用なさらないようお願いいたします。(緊急の場合は、室外でお願いします)
※途中からの参加もできますが、他の方の前を通らず静かに着席するなど、お気づかいいただきますようお願いいたします。

 

 

SPOT INFO

鶴見区民文化センター サルビアホール

横浜市鶴見区民文化センター サルビアホールは、鶴見駅前の複合ビル「シークレイン」内にあります。様々な文化芸術活動に利用できるホール、楽器本来の響きを楽しむ演奏に適した音楽ホール、可動式パネルを備えたギャラリー、リハーサル室、練習室など、多様な文化芸術活動・鑑賞の場としてご利用いただけます。

  • ショップ・スポット名
    鶴見区民文化センター サルビアホール
  • 住所
    神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-31-2 シークレイン内
  • 電話
    045-511-5711
  • 営業時間
    9:00〜22:00(受付は21:00まで) 【休館日】第3水曜日(祝日の場合は第2水曜日)、年末年始(12/29〜1/3)
  • 駐車場
    無(駐車場は有料のシークレイン共用駐車場のみとなっております。なるべく公共交通機関にてお越しください。)
  • URL
RECOMMEND
おすすめ