Art&Culture
2019.10.16

お香の種類や用い方を学びながら、自分だけの匂い袋を作ろう

 

サルビアアカデミーは世界の文化を知り、身近に感じるためのワークショップです。「音楽」「手工芸」「舞踊」「舞台芸術」など幅広いジャンルを体験できます。触れる・感じるだけでなく、その文化や歴史を座学で一緒に学べることが特徴です。1月はお香ワークショップを開催します。

《香とは?》
そもそもお香とは沈香(じんこう)伽羅(きゃら)白檀(びゃくだん)……などの天然香木の香りをさします。日本における香は仏教と共に伝来したとされています。奈良時代には、さまざまな香薬と焼香などの調合技術を伝えたことで“日本の香=薫物(たきもの)”は発展しました。

《ワークショップの内容》
●講師は香の専門店「薫物屋香楽(たきものやからく)」の認定教授香司です。
●ワークショップでは、お香の種類とそれぞれの用い方や、お香に使われる各種天然原料について、学びます。
●原料1つ1つの香りを試しながら、自分だけの匂い袋を作ります。出来上がりサイズ約5~6cm程度の袋を3個制作。

 

 

11月24日(日)より受付開始!!
Salvia Academy vol.53
お香ワークショップ
匂い袋を作ってみましょう
[日時]2020年1月25日(土)①10:30〜12:30(受付10:00)、②14:00〜16:00(受付13:30)
[会場]鶴見区民文化センター サルビアホール 3Fリハーサル室
[講師]三島元子(薫物屋香楽認定教授香司)
[対象]小学3年生以上(小学生は保護者同伴)
[定員]各回12名(先着順/要事前申込)
[参加費]¥2,800(材料費込)
[持ち物]筆記用具、フタ付き容器の飲み物(調合時、鼻をリセットするため)
[申込方法]所定の応募用紙に必要事項をご記入の上、ファックス(045-511-5712)か郵送、またはサルビアホール窓口に直接ご持参ください。専用フォームからもご応募いただけます。申込書のダウンロードはこちらから!!
【応募の宛先】
〒230-0051 横浜市鶴見区鶴見中央1-31-2シークレイン内
鶴見区民文化センターサルビアホール
「サルビアアカデミー」係
[主催]鶴見区民文化センター サルビアホール
[問合せ]045-511-5711(鶴見区民文化センター サルビアホール)
※ファックス・郵送でお申し込みいただいた方には、受領のご連絡をいたします。連絡がない場合は恐れ入りますが、サルビアホールまでご連絡をお願いいたします(TEL.045-511-5711)。
※開催日の1週間前よりご参加の確認連絡を差し上げます。
※申込んだワークショップをキャンセルされる場合はキャンセル料が発生します。
●開催日の3日前から前日まで:参加費の50%
●開催日当日:参加費の100%
※当日の無断キャンセルは、今後のワークショップの参加をお断りさせていただく場合があります。
※キャンセル料のご案内はお電話またはメールをお送りいたしますので、銀行振込または直接、サルビアホール受付でお支払いください。

 

 

SPOT INFO

鶴見区民文化センター サルビアホール

横浜市鶴見区民文化センター サルビアホールは、鶴見駅前の複合ビル「シークレイン」内にあります。様々な文化芸術活動に利用できるホール、楽器本来の響きを楽しむ演奏に適した音楽ホール、可動式パネルを備えたギャラリー、リハーサル室、練習室など、多様な文化芸術活動・鑑賞の場としてご利用いただけます。

  • ショップ・スポット名
    鶴見区民文化センター サルビアホール
  • 住所
    神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-31-2 シークレイン内
  • 電話
    045-511-5711
  • 営業時間
    9:00〜22:00(受付は21:00まで) 【休館日】第3水曜日(祝日の場合は第2水曜日)、年末年始(12/29〜1/3)
  • 駐車場
    無(駐車場は有料のシークレイン共用駐車場のみとなっております。なるべく公共交通機関にてお越しください。)
  • URL
RECOMMEND
おすすめ