Trip
2019.11.15

「綴る」ための道具が勢揃い! 店内で旅の思い出をしたためて……

少し遠出して、いつもと違った街並みや雰囲気を味わったとき、
ふと誰かにその気持ちを伝えたくなることはありませんか?

鎌倉駅から徒歩4分、閑静な住宅街にあるこのお店は、
そんな旅の思いを叶えられる場所です。

シックな店構えのこちらのお店は、「TUZURU」といいます。

漢字で書くと「綴る」。
そう、ここは”手紙を書く”ための様々な品々を取り揃えたショップなのです。

ブルーグリーンの壁紙がオシャレな店内に所狭しと並ぶのは、
ペンや紙ものなどの文房具の数々。

入り口を入ってすぐのところには、「綴る」ときに欠かせない万年筆が。
万年筆というと、高価でオーセンティックなものを想像するところですが、
こちらの万年筆は、デザイン性があり、比較的手に取りやすい価格なのも特徴です。

紙雑貨は、とても種類が豊富。
色とりどりの絵ハガキ、可愛らしさと大人っぽさが相まった一筆箋など、
目に映るもの全てにワクワクさせられます。

こちらは、お店オリジナルのポストカード。
「Kamakura」の文字と美しい季節の花々があしらわれています。
他にも、江ノ電をモチーフにしたものなど様々な絵柄があって、どれもシックで上品な雰囲気。
送る人を選ばないのも嬉しいですよね。

スタンプやご祝儀袋など、「綴る」だけにとどまらないたくさんの文房具が揃うこのお店が生まれたきっかけは、
店主の高校時代に遡ります。

高校時代、受験勉強をしながら、「自分の書くノートはなんだか見づらいなぁ」と感じた店主。
そこで、ノートをきれいに取るために考えたのが、書く道具を変えてみるということ。
家にあったペンを使っては何か違う……を繰り返していたとき、
ふとお父様の万年筆を使ってみたところ、いつも書く自分の文字が少しきれいに見えたのだとか。

そのときの感動が忘れられず、大人になってお店を開くことになったとき、
「万年筆と書くもののお店を作ろう!」と思い立ったといいます。

そんな店主の「綴る」ものへの思いは、こんな場所にも表れています。
それがこちら。

ここは、ライティングルーム。
お店で購入したハガキやペンを使って、手紙を書くことができるスペースなのです。
赤いポストは飾りではなく、書いた手紙を投函することができます。
こんな場所で旅の思い出をしたためるのも、贅沢な時間です。

「旅先で手紙を書きたいと思っても、なかなか時間も場所もない。
買って、書いて、送るまでをストレスなくできるスペースになれば……」

こんなに素敵な場所なのに、この場所を語るときの店主は、とても控えめでした。
学生時代のちょっとした、でも大切で大きな感動をずっと忘れない店主の、優しく包み込むような思いが、
このノスタルジックな空間を作っているように感じたのでした。

ふと、大切な誰かにありがとうの気持ちを伝えたくなる、
そんな温もりのあるお店です。

SPOT INFO

TUZURU

学生時代「万年筆で書いた自分の字がきれいに見えた」ことに感激した店主がセレクトするのは、デザインと書きやすさにこだわった筆記具と手紙グッズなどの紙雑貨。併設されたライティングルームでは、大切な人を想いながら手紙を書くことができる。

  • ショップ・スポット名
    TUZURU
  • 住所
    神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-1-4
  • 電話
    0467-24-6569
  • 営業時間
    11:00~18:00・水休
  • クレジットカード
  • URL