Art&Culture
2019.11.18

3人のアーティストが誘う…モノの在り方を再構築する、絶対空間

 

モノの在り方を再構築する、絶対空間 ―― 国内外で活躍する3人のアーティストによるアンビエント・クリエイティブユニット「New tone’s third law」アーティスト初なる大型のワンマンライブ「nonfunciton」を11/29 象の鼻テラス(横浜)にて開催いたします。彼らが切り開く、唯一無二の表現の世界をぜひお楽しみください。

 

また、ライブ開催に際して、リード曲「nonfunction」のMVを公開しております。ぜひ御覧ください。

 

-about
new tone’s third lawは、人間本来の音楽を体験する喜びを映像・民族性・環境音で表現し、テクノロジーを軸としたデジタル表現が拡散する世の中に、アナログかつより体験的なアプローチを行っています。

-member
Atsushi Harata / Liquid Light
主にオーバーヘッドプロジェクター(OHP)を使い、液体・個体・生き物など様々な素材を即興的に組み合わせ、目に見えない音や感情や空気を幾重にも重なる光と色彩で動的に描く。フェス、ミュージックビデオの演出など、東京を中心に多方面で活動中。

Hidetoshi Koizumi(hybrid leisureland) / Sound Compose
フランスの老舗アンビエントレーベル「ultimae records」所属。多数のアルバムリリースに加えて、NASAや文化庁の映像、ハイブランドのファッションショー、映画など楽曲提供多数。また、海外の主要フェスにも積極的に出演。現在、パリ、ベルリン、東京を拠点に活動中。

KyuRi / Tabla & Sound Compose
世界的に活躍するタブラ奏者アルナングシュ・チョウドリィに師事。タブラとラップトップを使用した楽曲製作/パフォーマンスを行う。毎年インド国内有数の文化施設で公演を行い、メディアを通じてインドと日本の架け橋として活動を発信。また、アートと音楽を融合したプロジェクトも多数行なっている。

 

New tone’s third law One Man Show
[日時]11月29日(金)20:00〜(19:30開場)
[会場]象の鼻テラス
[出演]Hidetoshi Koizumi(hybrid leisureland)、KyuRi、Atsushi Harata
[料金]前売¥1,500、当日¥2,500 ※1オーダードリンク代別途
[主催]Ryota Miyoshi(a.k.a.洞窟喫茶 / 咖喱山水)
[申込方法]こちらの予約フォームよりお申込みください。
[問合せ]nt3l@white-penguin.co.jp

 

 

SPOT INFO

象の鼻テラス

象の鼻テラスは2009年にオープンした横浜市の文化観光交流移設であり、無料のレストハウスです。

アート、パフォーマンス、音楽、映画などの文化プログラムを定期的に開催しています。

テラス内にはテイクアウトスタイルのカフェ「象の鼻カフェ」が併設されています。

  • ショップ・スポット名
    象の鼻テラス
  • 住所
    神奈川県横浜市中区海岸通1丁目
  • 電話
    045-661-0602
  • 営業時間
    10:00−18:00 年中無休(年末年始を除く)
  • URL