Art&Culture
2019.11.15

『君が代』は横浜生まれ! 日本吹奏楽発祥の地「妙香寺」へ

日本に吹奏楽が伝わって150年。

日本人が吹奏楽を学び、国家が誕生したのは、横浜の「お寺」でした。

 

 

「食パン」「アイスクリーム」「鉄道」など、外国から多くの文化が伝わってきた港町、横浜。

「吹奏楽」も、輸入された文化だったことを、知っていましたか?

 

「日本吹奏楽発祥の地」記念碑

 

 

2019年は日本に吹奏楽が伝わって150周年ということで、その歴史を探るべく、「日本吹奏楽発祥の地」へ行ってきました。

妙香寺前の電柱

 

 

 

横浜市中区にある本牧山妙香寺。

明治時代、若い薩摩藩士たちがイギリス陸軍軍楽隊長ジョン・ウィリアム・フェントンから西洋音楽を学ぶために合宿したお寺です。

本堂

 

 

当時30数名の藩士が「洋楽伝習生」として横浜に派遣され、フェントンから楽器演奏や国歌の大切さを学びました。鹿児島から来た若い藩士達はとても優秀で、後に「サツマバンド」として語り継がれるようになります。

 

 

フェントンは伝習生に吹奏楽を教えるとともに、その頃まだ国歌がなかった日本の為に「君が代」を作曲しました。

「君が代発祥の地」石碑

誕生当初の君が代は“讃美歌風”で、日本人が歌うには難しかったため、現在のバージョンに改訂されたのだそう。

そのため、現在私たちが聴いたり歌ったりしている君が代は、実は2代目ということになります!

 

日本における吹奏楽誕生の地となった妙香寺には、1989年に「日本吹奏楽発祥の地」の記念碑が建立され、神奈川県警察音楽隊による祝賀演奏が行われました。

 

それ以来妙香寺では、毎年数多くの陸・海・空の自衛隊や警察、消防の音楽隊などによる記念演奏会が開催されています。

演奏会の様子

 

本堂に響き渡る生演奏は圧巻!!!

 

 

妙香寺の裏手にある「山手公園」には、フェントン率いるサツマバンドが初めて演奏を披露した野外音楽堂も残されています。

山手公園「野外音楽堂」

 

 

そこから見渡す山手の町並みも良い感じです。

山手の町並み

 

 

 

 

 

「君が代由緒地」石碑

今年の記念演奏会は残念ながら台風の影響で中止になってしまいましたが、来年も開催予定。来年の演奏会に向けて山手の由緒地を巡りながら、日本の吹奏楽や国歌誕生の歴史を辿ってみてはいかがでしょうか。

 

Information
[住所]神奈川県横浜市中区妙香寺台8
[TEL]045-623-8726
[URL]http://myokohji.jp
[アクセス]JR山手駅から徒歩10分

 

 

SPOT INFO

妙香寺

  • ショップ・スポット名
    妙香寺
  • 住所
    神奈川県横浜市中区妙香寺台8
  • 電話
    045-623-8726
  • URL