Trip
2020.01.17

ニホンキジのカップルは、色鮮やかなオスと保護色のメス

ニホンキジ Green Pheasant
●分類:キジ目キジ科
●生息地:本州、四国、対馬を除く九州。木林、草原、耕作地に生息
●飼育下での寿命:10~15年
●食性:(野生) 草木の芽や種子、実、穀類、昆虫など (飼育下) ニワトリ用配合飼料、ハト用の餌、食パン、リンゴ、蒸イモ、蒸人参

日本の国鳥です。オスの羽は青や緑、灰色と色鮮やかで、顔には赤い皮膚が裸出。繁殖期にはこれが肥大し、翼を広げて「ケンケーン」と鳴き、縄張りを主張します。メスの羽は全体的に茶褐色で斑紋があり、子育てを行う際に安全な保護色になっています。

※鳥インフルエンザの時期は展示を中止する可能性があります。

担当飼育員 大谷美穂子さん「昔話『桃太郎』でおなじみのニホンキジは、その名の通り国鳥です!」

 

【さて、ここでクイズです!】
ニホンキジは飛べるでしょうか?

A)飛べる B)飛べない C)飛べるけど遠くへは飛ばない

・・・答えはC。飛ぶことはできますが、キジの仲間は翼の構造上、長距離の飛行はできません。その代わりに地上を早く走り移動します。

《ニホンキジのカップルの動画》

野毛山動物園
[入園料]無料
[時間]9:30〜16:30(最終入園は16:00まで)
[休園日]月曜日(祝日の場合は翌日)
[TEL]045-231-1307

SPOT INFO

野毛山動物園

野毛山動物園は現在、「誰もが気軽に訪れ、憩い、癒される動物園 小さな子どもが初めて動物に出会い、ふれあい、命を感じる動物園」をコンセプトとして、”動物への理解を深めていただく入り口”として役割を担っております。

  • ショップ・スポット名
    野毛山動物園
  • 住所
    神奈川県横浜市西区老松町63-10
  • 電話
    045-231-1307
  • 営業時間
    午前9時30分から午後4時30分(入園は午後4時まで) 定休日:毎週月曜日(祝日にあたる場合は、翌日)、12月29日〜1月1日 ※5・10月は無休です。
  • URL