Art&Culture
2019.12.26

狂言はじめてさんも、狂言ファンも!日本が誇る伝統芸能に触れる午後

 

現代に息づく伝統芸能であり、人間のおかしさ、悲しさ、愚かしさを笑いや風刺に包み込んで表現する狂言。そこで演じられる人間の本質は、現代にも通じるものがあります。現在上演されている狂言はおよそ200番。この狂言全集では、その主だったものをシリーズでお届けします。 狂言が初めての方も、そうでない方も、伝統芸能の奥深さ、面白さを楽しんでいただける内容です。
※この公演は、台風19号の影響により中止になった「第11回狂言全集」の振替公演となります。

 

 

第11回狂言全集 振替公演
[日時]2020年2月1日(土)14:00〜(13:30開場)
[会場]川崎能楽堂
[出演・内容]狂言「粟田口」山本則秀、狂言「地蔵舞」山本東次郎(人間国宝)、狂言「附子」山本則俊、狂言のお話 山本東次郎
[料金](全席指定)¥3,000
[チケット販売]川崎能楽堂窓口にて発売(先着順)
※現在、川崎能楽堂の窓口・電話にて販売しております。
[主催]公益財団法人川崎市文化財団
[問合せ]044-222-7995(川崎能楽堂/9:00〜17:00、水曜定休日)

 

 

SPOT INFO

川崎能楽堂

川崎市定期能を開催。邦楽を中心に創意を生かしたパフォーマンスの稽古、発表、鑑賞の場としてご利用いただけます。