Gourmet
2020.01.17

自然薯でハンバーグ!

横浜市商店街総連合会が実施している「ガチシリーズ」で入賞した「自然薯ハンバーグ」を食べに行ってみました!
場所は、昭和レトロな空間に生鮮食品から飲食店、おしゃれな雑貨屋などがひしめく六角橋商店街。東急東横線の白楽駅で降りれば、すぐそこ!

2年ほど前にオープンした「六角箸」は、鶏と野菜の素揚げがメインのお店です。店主の田中朋行さんは、地元商店街の期待を背負って「ガチシリース」に挑戦。自然薯を使ったハンバーグを考案し、見事、入賞を果たしたのです!

もともとメニューにあった「自然薯コロッケ」の発展系だそうですが、「ハンバーグは ジャガイモの“つなぎ”が使えないので、かなり試行錯誤しました」と、店主の田中朋行さん。

でもその甲斐あって、ジューシーなのにふっくら軽やかな味わいに仕上がっています。自然薯ソースとの相性もバッチリ!

ハンバーグを割ってみると、中には細かく刻んだ自然薯がたっぷり。
「ドクターフライ」という調理器具で一旦揚げてからサッと焼く、という一手間かけたハンバーグは、他では味わえない逸品です。

ドリンクのおすすめは、近頃人気のレモンサワー。さっぱり飲みやすい「ナカ」、果汁を感じる「エクストラ」、オトナな飲み口の「ビター」、レモンたっぷりの「ハイボール」の4種類が揃っています。爽やかで飲みやすく、ちょっと危険なおいしさかも…。

mirea的おすすめメニューは、横浜野菜の素揚げ。せっかくなので盛り合わせで頼んでみたら、このラインナップ! ネギ、ニンジン、トマと、ブロッコリー、レンコン、紅芯大根、里芋などなど。季節やその日の仕入れによって内容が変わるそうですが、彩もキレイなので思わず「おぉ〜!」と歓声を揚げてしまいました。
「ドクターフライ」は、食材の水分をキープしつつ油の吸収率を50%オフできるので、揚げ物特有の脂っこさがなくて、野菜のうまみをたっぷり味わえます。お塩を付けて食べてもいいけど、ニンジンなどはそのままでも甘くておいしい!

お店の自慢は鶏の素揚げ。砂肝、ハツ、ボンジリ・・・と焼き鳥屋のようなメニューが並んでいますが、すべて「ドクターフライ」で調理するので、ふっくらジューシー。うーん、お酒がすすむ!

迫力の「トマホーク素揚げ」にもひかれたけど、この日はおとなしく「砂肝、ハツ、トリカワ」の3点セットで〆ました。

SPOT INFO

六角箸

白楽駅から徒歩5分。昭和レトロな商店街「六角橋ふれあい通り」内の提灯が目印です。
こだわりの鶏の素揚げと横浜野菜を中心にそろえた野菜の素揚げがおすすめ。特に「大山地鶏トマホーク素揚げ」は予約必須のおすすめです。
揚げ物と相性抜群のスーパーレモンサワーと佐渡島の酒蔵直送の日本酒。
横浜ガチハンバーグ銅賞を獲得した自然薯ハンバーグをはじめとしたちょっと変わった自然薯料理もおすすめです。

  • ショップ・スポット名
    六角箸
  • 住所
    神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-10-2
  • 電話
    045-298-2296
  • 営業時間
    [火〜土] 17:00~23:00 [日] 17:00~21:00/月曜定休