Lifestyle
2020.01.17

【6】宿泊したい街・みなとみらいへと変貌を遂げる

※上記写真は「インターコンチネンタル横浜Pier 8」のクラブラウンジより

海を間近に感じる新しい滞在型のラグジュアリーホテル「インターコンチネンタル横浜Pier 8」が2019年10月31日(木)にオープンしました。国内でも希少な海上にあり、低階層(3~5階)ならではのダイナミックなベイビューを堪能できるシチュエーションが人気です。


「インターコンチネンタル横浜Pier 8」は、大きく開く窓から船が行き交う横浜港を一望できる「ベイビュー」や中庭を望む「ガーデンサイド」など様々な表情を楽しむことができる客室が魅力です。さらに、屋上にはご宿泊ゲスト専用のルーフトップがあり、潮風を感じながら、横浜の海を満喫できます。

また、2020年今年4月7日(火)には「横浜東急REIホテル」がオープンします。

詳しくはこちらをご覧ください。

また、同じく2020年6月17日(水)には、「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」の開業が予定しています。


ハワイ・オアフ島の名門ホテル「ザ・カハラ」を冠した新たなラグジュアリーホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」の誕生です。ゲストルームは全146室。プールやジムなどのフィットネス空間やスパ、トリートメントサロンなど充実の設備です。

みなとみらい周辺には、新しいホテルが続々とオープン予定です。
個性ある各ホテルをぜひともチェックしてみて。