Lifestyle
2020.01.17

温もりの中にオリジナリティが光る♪ 世界中の手作りの品がズラリ

鎌倉の線路沿いをトコトコ歩くと、「ここには何があるのだろう?」と興味をひく階段が……。

階段を上った先にあるのは、「moln」(モルン)というお店。

手書きの文字から、温もりとかわいらしさが感じられる看板。
さっそく入ってみると、広がるのはこんな世界です。

こちらは、日本や世界の”手作りのもの”を集めたセレクトショップ。
店内のあちらこちらに、つい手に取りたくなる、あたたかくて上質な品々が並んでいます。


店名の「moln」は、スウェーデン語で「雲」を意味する言葉。
現実と空想の世界を行き来する雲のように、
願いや思いを形にしたモノたちを、実際に人々に届けられるお店を、
という思いが込められています。

こちらは日本の作家さんの手作りピアス。
植物をモチーフにした、ナチュラルで繊細な世界観に心奪われます。

ラトビアからは、こちらも職人が手作業で編んだカゴが届いていました。
天井から吊るされるディスプレイにもワクワクします。

張り子職人による招き猫は、色と柄を選んでオリジナルのものを作ってもらうこともできます。
名入れも可能なので、プレゼントにも最適です。

「moln」では洋服も扱っています。
愛媛のブラント「Sa-Rah」は、コットンやリネンなど天然素材を使った洋服を作っており、
こちらもそのひとつ。

「出来上がった品々のクオリティはもちろんのこと、
作り手の、モノづくりに対する情熱に尊敬するんです」

そうおっしゃるのは、笑顔が素敵な店主の佐々木さん。

「moln」で扱われているモノは全て、佐々木さんがセレクトしています。
選ぶ時は、必ず自ら使ってみるのだとか。
その上で心地よいモノ、魅力的なモノをセレクトすると言います。

さらに、作り手の元にも足を運んで、
作る過程や作家の思いを感じ取るようにしているそう。

お話を伺うにつれ、「moln」がどうして人々の心を掴んでいるのか、
その原点がわかった気がしました。

それは、店主の佐々木さんご自身に強い魅力があるからではないかと。
ミュージシャンとしても活動される佐々木さんは、
モノを語る時、作家について語る時、
そして何気ない会話の途中もずっと、
温もりのある笑顔を絶やされません。

そんな、豊かで優しい感性を持つ店主が選んだモノが集まった空間「moln」。
佐々木さんの思いと世界観が詰まったこのお店に、
ぜひ足を運んでみませんか?

SPOT INFO

moln

線路沿いの2階に佇む店の中には、洋服から雑貨まで、作家モノの品々が並ぶ。集められたものは全て、オーナー自ら国内外へ足を運んでセレクトしたもの。アーティストの企画展や音楽ライブなど、様々なイベントが行われているので、何度でも通いたくなる。

  • ショップ・スポット名
    moln
  • 住所
    神奈川県鎌倉市御成町13-32 2F
  • 電話
    0467-38-6336
  • 営業時間
    11:00~18:00・月火休
  • URL