横浜みなとみらい21

PAGE TOP

非公開: かつて客船の中で乗船客の目を楽しませたメニューデザイン展

日本郵船歴史博物館では、4月22日(土)より企画展「日本が運んだニッポン ー客船時代のメニューデザインー」を開催。戦前、船で日々の食事に添えられたメニューには、日本の歴史、風俗、美術、年中行事や景勝地の風景が表され、日本文化を海外に発信する目的も担っていました。この展覧会では、乗船客の目を楽しませたメニューという“小さな船”に乗せられて世界に運ばれたニッポンを紹介します。

 


これや丸夕食メニュー 1930年1月1日水曜(日本の四季・名所写真、1930年月めくりカレンダー付)

 


鎌倉丸アロハ夕食メニュー 1940年2月19日月曜(平安美人)

 


三島丸夕食メニュー1930年5月18日日曜(梅と尾長鳥)

 

企画展「日本が運んだニッポン ー客船時代のメニューデザインー」
[日時]4月22日(土)〜7月17日(月・祝)10:00〜17:00(最終入館16:30)
[会場]日本郵船歴史博物館
[休館日]月曜日(祝日の場合は翌平日)
[料金]入館料のみ(一般¥400、中高生・65歳以上¥250、小学生以下無料)
[TEL]045-211-1923(日本郵船歴史博物館)

 

関連イベントも開催決定!!(いずれも要予約/先着順)
「元南極料理人が語る ー 氷床の食卓、“食べる”という幸せ」
[日時]5月6日(土)14:00〜15:30
[会場]日本郵船歴史博物館 オリエンテーションルーム
[料金]¥1,000(入館料込、各種割引対象外)
[講師]篠原洋一(元南極料理人、BAR de 南極料理人、Mirai代表)
[定員]80名

「飛鳥II 元総料理長が“客船の食文化”についてお話しします」
[日時]5月27日(土)14:00〜15:30
[会場]日本郵船歴史博物館 オリエンテーションルーム
[料金]¥1,000(入館料込、各種割引対象外)
[講師]倉山哲郎(郵船クルーズ(株)飛鳥II 元総料理長)
[定員]80名

「船の食を支え続ける明治屋」
[日時]6月24日(土)14:00〜15:30
[会場]日本郵船歴史博物館 オリエンテーションルーム
[料金]¥1,000(入館料込、各種割引対象外)
[講師]郡司清宏((株)明治屋 海上事業本部 船舶事業部 執行役員 事業部長)
[定員]80名

関連記事

  • ヨコハマのディープカルチャーストリート「馬車道」へGO!

  • 歴史的建造物をリノベした心地よい空間「GALERIE PARIS」

  • (帆船日本丸)飯田キャプテンの帆船日本丸講座 開催!

    開催期間:2017.11.05〜2018.02.03
  • 区民・市民・県民の手でつくりあげる磯子区の恒例“音楽フェス”!!

    開催期間:2017.12.09