横浜みなとみらい21

PAGE TOP

非公開: 横浜から消えた場所・消えた地名の秘密は、古い地図の中に

(TOP画像)絵入名所改正横浜新図 1893年1月 横浜開港資料館所蔵

 

さざ波のうち寄せる砂浜、市街を縦横に走る川、塩炊きの煙がたなびく塩田、沖合に現れる海水浴場。かつての横浜には、今では想像もつかないような場所がありました。幕末から現代までの160年近くの間に、横浜市中心部は小さな村から大都市へと、大きな変貌を遂げました。その過程では、都市部の拡大だけでなく、災害の発生もあり、丘陵や海岸線の形、街の区画などが移りかわり、多くのものが姿を消しました。しかし、失われたものの足跡は、古い地図の中に残されています。4月26日(水)から横浜開港資料館でスタートする「横浜・地図にない場所」展では、幕末から昭和戦前期までの地図を中心に、消えた場所や地名の消えた理由をさぐりながら、近代横浜の歩みをふりかえります。

 

 

横浜・地図にない場所
ー消えたものから見えてくる、ハマの近代
[日時]4月26日(水)〜7月17日(月・祝)9:30〜17:00(入館は16:30まで)
※5/27・6/2・7は19:00まで開館(入館は18:30まで)
[会場]横浜開港資料館 新館 企画展示室
[休館日]月曜日(但し、7/17は開館)
[料金]一般¥200、小・中学生¥100
[TEL]045-201-2100

関連記事

  • 吉田町で愛されるバーで、緑色のカクテルをオーダーしてみる!

  • ねこを愛する気持ちがあふれてる! ねこだらけのあったか〜い写真展

    開催期間:2018.02.20〜2018.04.08
  • 「みる、つくる、まなぶ」を軸にした建物内。あらゆる角度からアートの息吹を感じよう

  • 別所哲也さんがショートフィルムの魅力について語る!