横浜みなとみらい21

PAGE TOP

柳瀬川の水面に四季を映して~柳瀬川駅 下車~

柳瀬川駅は昭和54年(1979年)開業の比較的新しい駅です。駅名の由来となった柳瀬川は狭山湖あたりを源流にして新河岸川へと注いでいる川。
魚や水鳥も多く、豊かな自然の残るスポットとして市民に広く親しまれています。

駅前は大規模なマンション街「志木ニュータウン」。柳瀬川のほとりにゆったりと広がる生活空間には、大型スーパーやバラエティに富んだ店舗が集まった「ぺあも~る」などもあります。ニュータウンの中も、公園や広々とした歩道、緑豊かな街路樹などが、のびやかな生活空間を演出しています。

「緑豊かな志木ニュータウン周辺」

駅西口から3分ほど歩くと柳瀬川に出ます。柳瀬川をまたぐ東上線の橋梁に、古いレンガ造りの橋脚が残っています。

「柳瀬川にかかる橋梁(柳瀬川駅側)

自然溢れる柳瀬川は荒川水系の支流で、狭山丘陵を水源に都県境に沿って流れ、下流の志木市役所付近で新河岸川と合流、さらに下って荒川に吸収され東京湾へと流れていきます。
柳瀬川には魚も多く、釣りやウォーキングなどを楽しむ人々の憩いのスポットとなっています。

「水面に空を映す柳瀬川」

富士見橋付近の案内板には「海まで40㎞」の表示が・・・。

また少し時期はずれですが、春のお花見時期には川沿いに1㎞以上に渡って桜並木が、沿線有数の桜の名所として人気です。
桜にまつわる重要な名所もご紹介します。土手の遊歩道を下流に向かって15分ほど歩くと市営墓地そばにある「チョウショウイン(長勝院)ハタザクラ」。このハタザクラは世界に一本だけという超レアなヤマザクラの変種で、志木市の天然記念物にも指定されています。

ぜひ、来年のお花見の時期には、その独特な形状の桜の花を見にいらしてください。

「チョウショウインハタザクラ」

お立ちよりスポットをご紹介♪

冷凍した状態から常温で20分、半解凍してめしあがれ。
ひんやり、もっちりクリーミーな味わいをぜひ♪

菊扇 柳瀬川駅前店の「カフェオレ大福」1個140円
営業時間:10:00~19:00 定休日:月曜日
交通:駅東口から徒歩約3分
[TEL]048-471-3615

関連記事

  • レトロアメリカンな横浜一軒屋カフェへ

  • どこまでも広がる緑に癒される憩いの場所

  • 人生の記念日になる「勝負の日」は、こんな場所で

  • 馬車道・関内駅からすぐ、この人が作るマティーニが飲みたくて