横浜みなとみらい21

PAGE TOP

ほうれん草の豆知識

年間を通して手に入るほうれん草ですが、栄養価が高まり美味しさが増す旬の時期は11〜3月。霜にあたってより甘みが増すと言われています。
そんな、旬の野菜「ほうれん草」の魅力に迫ってみました♪


緑黄色野菜の代表格であるほうれん草は、カロテンや鉄が豊富で、ビタミンCなどの各種ビタミンにも富む栄養価の高い野菜です。
体に吸収された鉄は主に、体中の細胞に酸素を運ぶ血液の赤色成分“ヘモグロビン”の原料になります。とくに女性の貧血予防には、積極的に摂取したい野菜ですね。
また、根元の赤い部分には、骨を丈夫にするマンガンという成分が含まれているので、捨てずに食べるのがオススメですよ!

hourensou11.jpg

選び方
葉が濃い緑色で、肉厚、張りのあるもの、株が小さく、茎の部分が短めのものがオススメです。
根の部分の赤みが鮮やかで濃いものは、各種の栄養素が豊富に含まれていると言われています♪

hourensou11_2.jpg


今回は、いま注目の「グリーンスムージー」を作りました!
野菜・果物がたくさん摂れ、もちろん体にもいいことから、私も毎朝飲んでいます♪
今回のグリーンスムージーの材料は、ほうれん草、りんご、バナナ、みかん。(それぞれお好みの量で)
グリーンの量は、はじめは少量で、慣れてきたら少しづく多くするのがコツ!
甘みが足りないと感じる場合は、ハチミツを入れると飲みやすくなりますよ♪
カロテンとビタミンCは相性が良く、肌荒れ防止や風邪予防の手助けをしてくれます。
また、カロテンは油との相性も良く、腸からの吸収効果が高まるので、
グリーンスムージーに、オリーブオイルを数滴垂らすのもオススメですよ!

greensmoozy1.jpg
グリーンスムージー 材料
●ほうれん草 ●りんご ●バナナ ●みかん (お好みの量で)

保存法
葉物など、表面積が広い野菜は水分が蒸発しやすいので、その日に食べきるのが基本ですが、保存する場合には、湿らせた新聞紙やキッチンペーパーに包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫に、根を下にして保存してください。
長期間保存する場合は、硬めに茹でてから適当な大きさに切り、冷凍保存しましょう。

hourensou_hozon1.jpg

関連記事