横浜みなとみらい21

PAGE TOP

ホテルの窓から「古き良き横濱」と「新しいヨコハマ」を眺めていると

新港地区に位置するナビオス横浜は元々船員・海事関係者の厚生施設の一環として出発しており(今は一般の市民の方にも広く開放されています)、船や港に対する深い愛情を感じさせるホテルである。

ホテル内には船舶・海事関係の展示物もあり、全客室135室からは内水域に浮かぶランドマークタワーや赤レンガ・大さん橋を臨む港の夜景を楽しむことが出来る。

夜、バー&ラウンジ「Seamen’s Club」でウィスキーを片手に入港する客船を眺め、

朝、レストラン「イルドテラス」で運河パークを眺めながらビュッフェを楽しむことが出来る。

至福のひと時なのである。

ナビオス横浜(横浜国際船員センター)

ナビオス横浜は、1999年10月に開業した船と港の振興を願って開業した外観が独特な宿泊施設。最高の眺めとリーズナブルな料金が魅力。
シーメンズ仕様に作られた館内には船と港の雰囲気でいっぱいです。

  • ショップ・スポット名
    ナビオス横浜(横浜国際船員センター)
  • 住所
    神奈川県横浜市中区新港2-1-1

    ナビオス横浜
  • 電話
    045-633-6000
  • チェックイン/アウト時間
    14:00/10:00

マップ

同じ施設のお店・スポット

  • レストラン オーシャン
    [ナビオス横浜 1F]

  • シーメンズクラブ
    [ナビオス横浜 3F]

  • ナビオス横浜(横浜国際船員センター)
    [ナビオス横浜 ]

関連記事

  • 70年代のモダン建築に出会える「神奈川県民ホール」(1/2)

  • 青空と海と…… この景色も思い出の一つ

  • みなとみらいでのデートは大迫力の映画でスタート

  • 鎌倉周辺と小田急線沿いの人気パン屋さんとイタリアンのお店を特集!