横浜みなとみらい21

PAGE TOP

非公開: 子どもに体験させたいこと3選

夏休みは子どもたちにとって特別な時間。
新しいことに挑戦したり、ひとつのことにじっくり取り組んだり。
みなとみらいの各施設でも学校の宿題や自由研究のヒントにもなる企画やイベントが盛りだくさん!

親子で挑戦! 都会で体験できるシーカヤック【日本丸メモリアルパーク】
都会の真ん中にあるみなとみらい地区で、定期的にシーカヤック教室が開催されているのをご存知だろうか。7/9(日)、23(日)、8/11(金・祝)は小・中学生だけでも参加できる「親子体験教室」が開催されるので、挑戦してみては。大人(保護者)2,000円、小・中学生1,500円

海から見るみなとみらいの風景は、いつもとちょっと違う表情をみせてくれるはず。体験教室でシーカヤックに興味を持ったら、次は土日を中心に開催される半日教室などに参加して、ステップアップを目指そう。

ふれて! 観て! エンタメミュージアムで大自然を体感!【オービィ横浜】
大自然の映像を全身で体感したり、実際に動物たちと触れ合ったりできるエンタテインメント型ミュージアム。週末には「隊長」の案内で館内をまわるオプショナルツアー「新発見ツアー」などのイベントも開催される。大人も子どもも夢中になる、臨場感あふれる不思議な世界を体験しよう。

「メガバグズ」のテーマは、昆虫サイズになったときの空間。木の葉や枝に見立てた幼児向けの遊具で昆虫の世界観を体感する、なんとも不思議な世界だ。
実際の動物を展示し、一部の動物とは触れ合うこともできるゾーンが「アニマルスタジオ」。生きている動物たちのぬくもりをしっかり感じたい。

今年の夏は「恐竜」をテーマにしたイベントや自由研究プログラムがいっぱい!【三菱みなとみらい技術館】

航空宇宙や海洋、交通・輸送、環境・エネルギーなどが楽しく学べる体験型施設。国産ジェット旅客機MRJの実物大模型による航空機の操縦体験は、連日長蛇の列ができる大人気。
夏休み中は、7月29・30日のサイエンスフェスティバルや楽しい企画が盛りだくさん。地震のしくみや日食のしくみを学んだり、電気の不思議を探検するなど、自由研究のネタ探しにもぴったりだ。
夏のサイエンスフェスティバル(7月29日、30日)、今年のテーマはずばり「恐竜」。30日には、恐竜くん(田中真士)がナビゲートするリアル恐竜ライブ「DINO-A-LIVE×恐竜くん」を開催する。申込不要で、入館料だけで参加できる。

海洋ゾーンでは、日本独自の海洋調査・深海調査技術をリアルな大型模型や映像などで紹介。未来の水調査船SUPER SHINKAIで超深海へチャレンジできる。

2階には、科学イベントやサイエンスショーを実施する「サイエンスプラザ」なども。「トライアルスクエア」では、ものづくりを楽しく学ぶ、有料の体験プログラムも実施。

関連記事

  • アートの祝典「黄金町バザール」では思いがけない出会いが!!

    開催期間:2017.08.04〜2017.11.05
  • 昼も夜も100円で聴ける! 仕事帰りに荘厳な音色で気分もスッキリ!

    開催期間:2017.10.30
  • ハンネ・ダルボーフェンのコンセプチュアル・アートの世界を楽しむ

    開催期間:2017.09.11〜2017.12.08
  • ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017にも注目!!

    開催期間:2017.05.27〜2017.12.30