Art&Culture
2017.09.15

横浜美術館内「市民のアトリエ」版画室でシルクスクリーンを体験♪

「みる、つくる、まなぶ」を軸にした横浜美術館には、アート鑑賞だけでは終わらない魅力がいっぱいあります。

建物右端にあるのが、「子どものアトリエ」と「市民のアトリエ」。

「市民のアトリエ」では、版画室、平面室、立体室があり、版画室では「版画基礎コース」という、版画制作を始めてみたい人を対象とした基礎講座(全4もしくは6回コース)を開講しています(事前予約制)。

その講座では、銅版画、リトグラフ、シルクスクリーンの各版画の基礎的な制作を指導者の下、学ぶことができます。

今回は、そのなかでシルクスクリーンと銅版画を体験をさせてもらいました!

まずはシルクスクリーンにトライ♪

絵具を選んで、紙コップにうつします。

結構たっぷりと使用するので、並々と注ぎます。

絵柄が製版されたシルクスクリーン枠内に絵具をたらして…

力を均一にしながら、スキージーというへらのようなもので、絵の上を行きつ戻りつさせます。

すると、出来た!

インクがスクリーンを通過し、下の紙にプリントされるという仕組みで、とっても簡単で、楽しい!

1色だけでも十分アートな雰囲気を醸し出していますが、これをいろいろな色や図柄で重ねていくと、また違った作品が出来上がるそうです。

次に…
銅版画にもちょこっとだけトライ!

なんだか、子どもの時の図画工作を思い出しませんか?

これは版画プレス機です。ローラーを一定スピードでまわしながら、圧力を均一にかけるのが上手に仕上げるコツだそう。

このローラー、見た目以上にすごく重い!まわす作業も実は力仕事なんですね~。


こんな風に、童心に返って、作って学べる版画講座はとっても楽しいです。
参加したい方は、ぜひ横浜美術館のサイトをチェックしてくださいね。

また、版画だけでなく、絵画教室ではデッサンなど、立体室では彫刻など、さまざまなアートを学べる空間と設備が整っています。

それぞれに、自主的に制作に取り組むことのできる時間、オープンスタジオも設けられているので、制作好きな方はそちらもぜひぜひチェックを!

また、エデュケーターの方が制作をサポートしてくれるのも心強いですよね。

今回版画室の体験をサポートしくれたのは、エデュケーターの桜庭さんです!

横浜美術館の「市民のアトリエ」では、多様なワークショップを開催しています。
>>>ワークショップについてはこちらへ

SPOT INFO

横浜美術館

横浜美術館は、1989年11月3日に開館しました。迫力のあるシンメトリーな外観と、吹き抜けの開放的なグランドギャラリーが特徴の当館は、7つの展示室のほか、11万冊を超える蔵書がある美術情報センター、多彩なワークショップを行うアトリエなども揃う、国内でも有数の規模を誇る美術館です。 国際的な港町、横浜にふさわしい美術館として、開港以降の近・現代美術を幅広く鑑賞していただけるほか、年間を通じて、約1万2千点の所蔵品からテーマごとに展示を行うコレクション展、多彩な企画展を開催しています。

 

(写真左)撮影:笠木靖之
(写真中央)撮影:笠木靖之
(写真右)撮影:田中雄一郎

 

  • ショップ・スポット名
    横浜美術館
  • 住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
  • 電話
    045-221-0300
  • 営業時間
    10:00〜18:00(入館は17:30まで) 木曜および年末年始は閉館
  • URL