横浜みなとみらい21

PAGE TOP

非公開: 新年早々、笑う門には福来る! これぞ“ニッポンの芸!”が大集結

正月らしい獅子舞や万歳、さらに手品や曲芸、ものまねなどまるで笑いの福袋!? 浪曲入りコント「横浜人力車」では、横浜生まれの作家、長谷川伸の名作「瞼の母」をコントにして演じる場面も。家族みんなで楽しもう!

 

新春特選ニッポンの芸!
[日時]2018年1月4日(木)11:30〜
[会場]横浜にぎわい座 芸能ホール
[出演]柳貴家正楽社中(水戸大神楽)、尾張万歳保存会(万歳)、ポカスカジャン(コミックバンド)、立川真司(鉄道ものまね)、ほか
[料金](全席指定)一般¥3,100、中学生以下¥1,000
[TEL]045-231-2515(横浜にぎわい座)

関連記事

  • ロシアの作曲家、プロコフィエフが歩いた1918年の横浜へ

    開催期間:2018/07/06〜2018.07.07
  • 詩人大使クローデルの日本での作品誕生秘話を語るスペシャル対談

    開催期間:2018/05/27〜2018.05.26
  • 剥がれていく“木の表面”が語りかける、命とは?

    開催期間:2018/05/30〜2018.06.09
  • 馬車道・関内駅からすぐ、この人が作るマティーニが飲みたくて