横浜みなとみらい21

PAGE TOP

焼き餃子発祥! GZラバーたちが足繁く通う店

昭和24年、屋台から出発した
焼き餃子発祥の店。今もなお、
GZラバーたちが足繁く通う店
【北京料理 萬里】

焼き餃子発祥の店と聞き、GZ(ギョーザ)ラバーとして暖簾をくぐらないわけにはいかない! と意気込んで向かった先は、昭和が香る横浜・野毛エリアで65年以上も続く中華料理店「北京料理 萬里(ばんり)」。


入り口手前には、昔懐かしい食品サンプルのディスプレイも。ここを見ただけでも古き良き“昭和感”
に期待大です!


1Fには厨房を囲むようにしてカウンター席があります。今回は2Fのテーブル席へ案内していただきました。


階段をのぼると…だんだんお客さんたちの賑やかな声が聞こえてきます!ここから既にGZ熱がヒートアップ!ワクワク〜!

2F席はこんな感じ。


2F席のドリンクは、このミニ厨房で用意されます。次から次へとオーダーが入るので、お店の方も忙しそうっ!

私たちは、テーブルに着くが早いか迷いなく“とりあえずビール”と名物“焼き餃子”、そして“水餃子”をオーダー。(メニューを見ずに…!ww)なんと、焼き餃子も、水餃子も¥345ですよ!さすが野毛、安い〜♪


これが、日本で最初にお店に登場したという焼き餃子です!「北京料理 萬里」の創業は、昭和24(1949)年。創業者となる初代ご夫妻は、満州で終戦を迎え、その後日本へと帰国しました。財産もなく、明日の生活もままならない状況のなかで一念発起し、中国で覚えた料理を“餃子”として売り、生計を立てたのが始まりだそうです。その店のルーツともいえる“焼き餃子”を、冷えたビールとともに堪能できてシ・ア・ワ・セ♪ サイズ的には小ぶりなので、おやつ感覚でパクパクいけちゃいます!


そして、何よりも感動したのはこちら!水餃子です。もっちり&とぅるんとした皮のなかから、ジュワッと肉汁があふれ出てきて…こちらも何個でもいけちゃう勢いです。

そのほかにも、とにかくメニューが豊富で、選ぶのに迷ってしまうほど。ここはおそらく4名以上で行き、いろいろな料理をちょっとずつたくさん味わうのがおすすめだと思います。


パリッパリに揚がった春巻き。2本入りです。


八宝菜も具沢山で美味しかった〜!白菜、木くらげ、さやえんどう、イカ、エビなどがたっぷり入って、しっかりとした味わいなのでビールとも好相性です♪

今回の〆はこちら。

炒飯(スープ付き)です! ごはんが一粒一粒パラパラしていて、小さくカットされたチャーシューと、卵がアクセントになってお腹いっぱいなのに不思議と入ってしまいます。今回は2名で伺いましたが、けっこうな品数を食べて大満足です。

当初、ご夫婦で屋台からスタートしたお店は、その新鮮なおいしさが口コミで広がり、本格的に店を構えるまでに成長。現在3代目となる福田大地氏が、横浜の老舗としての誇りを、誰もが愛する“焼き餃子”とともに受け継いでいます。点心類はもちろん、野菜・海鮮・肉料理、飯・麺類など迷うほどメニューが多彩!ぜひ日本で最初の“焼き餃子”を味わいに出掛けてみてください。

北京料理 萬里

昭和24年の創業以来、焼き餃子発祥の店といわれ、多くのグルメファンに支持されている横浜・野毛エリア内の人気店。焼き餃子、水餃子のほかにも、肉の揚げ団子、海参(ナマコ)も看板メニューだそう。

  • ショップ・スポット名
    北京料理 萬里
  • 住所
    横浜市中区野毛町2-71
  • 電話
    045-231-8011
  • 営業時間
    (月〜金)11:30〜22:00/ (土・日・祝)11:30〜21:30/ 年中無休
  • クレジットカード
    不可
  • 駐車場
  • 喫煙
  • 予約
  • サービス料・チャージ
  • 平均利用額
    ¥1,000〜¥2,000
  • 個室
    有(2名様可)
  • 総座数
    120席
  • ペット
    不可
  • テイクアウト/お弁当
  • お子様メニュー
  • ドリンク
    ビール、日本酒、焼酎、ソフトドリンク、ほか
  • コース料理
    有(¥3,000〜¥5,000)

マップ

オススメ!掲載記事

関連記事

  • キュートな店内は、まるで絵本に潜り込んだかのよう

  • 一度は絶対食べたい! しっとりパンケーキ

  • この時期旬のフルーツを丸ごと!

  • 仲間が集まったら、とっておきのドリンクで乾杯しよう!