横浜みなとみらい21

PAGE TOP

病院船時代だった「氷川丸」の様子が公開されます!!

(TOP画像)病院船時代の氷川丸 日本郵船歴史博物館所蔵

 

氷川丸は、1941(昭和16)年に海軍に徴用され、特設病院船に改装されました。病院船の任務は戦地の海軍病院と日本を結び、戦傷病者を収容して日本に帰国させることでした。終戦までの約3年半、南洋諸島(旧トラック諸島)方面などへ赴き、計24回の航海で3万人に上る戦傷病兵を看護・収容し輸送していたという歴史をもちます。

このたび、6月から12月にかけて、日本郵船氷川丸では特別パネル展を開催。病院船に乗船していた海軍兵の遺品アルバム寄贈により、貴重な写真などが公開されます。病院船氷川丸の外観や船内外の設備、傷病兵の収容に従事した乗組員の様子などをパネルでぜひご覧ください。

 

特別パネル展「病院船時代の氷川丸」
[日時]6月5日(火)〜12月2日(日)10:00〜17:00(最終入館は16:30まで)
[会場]日本郵船氷川丸 一等読書室
[休館日]月曜日(但し8/13は開館 、祝日の場合は翌平日)、9/4(火)
[料金](入館料のみ)一般¥300、シニア(65歳以上)¥200、小中高校生¥100、障がい者手帳および特定疾患医療受給者証をご提示の方は無料
[TEL]045-641-4362
[URL]http://www.nyk.com/rekishi/

日本郵船氷川丸

1930年に太平洋横断シアトル航路へ就航した当時を代表する高速 貨客船。喜劇王チャップリンも乗船しました。第二次大戦中は海軍の病院船として活躍。 2003年には横浜市指定有形文化財に指定されています。

  • ショップ・スポット名
    日本郵船氷川丸
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山下町山下公園地先
  • 電話
    045-641-4362
  • 営業時間
    日本郵船氷川丸 10:00〜17:00(ご入館は16:30まで) 月曜休館日

マップ

関連記事

  • 神奈川近代文学館で、寺山修司展記念シンポジウムを開催

    開催期間:2018.09.30
  • 吹奏楽演奏会in日本丸メモリアルパークアリーナステージ

    開催期間:2018.05.27〜2018.11.03
  • 横浜の歴史を紹介する2施設で、「戊辰」の年の横浜の実態に迫る!

    開催期間:2018.07.21〜2018.10.28
  • 山下公園からすぐ、港から船の汽笛が聞こえる心地よいバーで