横浜みなとみらい21

PAGE TOP

世界各国の“心地よい靴”がそろう「ザ ナチュラルシューストア」とは?

いよいよ春本番。あたたかな日差しに誘われて、ふらっと「MARK IS みなとみらい」を歩いていたら、そこで見つけたこのお店。名前は「THE NATURAL SHOE STORE」。窓から差し込む陽光で店内は満たされ、天然木材を使用した心地よい空間が広がっています。そこに並ぶのは、スペイン、ドイツ、デンマーク…世界中から自然素材や製法にこだわり、履き心地のよさを追求した靴たち。自分にぴったりの一足と出会えそうな予感がしたので、ショップを覗かせてもらいました。

広々とした店内には、シーズンによって変動はあるものの、常時8ブランド以上の靴を取り揃えているんだそう。その一部をご紹介しましょう。


LOINTS
まるで日本の足袋を履いているよう。3Dコンフォートと呼ばれるソールが特徴のオランダの「ロインツ」。


EL NATURALISTA
スペイン発、自然界のあらゆるものからインスパイアされた靴作りにこだわる「エル ナチュラリスタ」。


duck feet
アヒル靴の相性で親しまれるデンマーク生まれの「ダックフィート」。


Blundstone
サイドゴアブーツの代表ブランドともいえるオーストラリア・タスマニア島の「ブランドストーン」。


BIRKENSTOCK
足にフィットするサンダルで知られるドイツの靴メーカー「ビルケンシュトック」。

そして今回、mirea web内の【BRAND DICTIONARY】コーナーでもご紹介しているのがこちらのブランドです。

“クマ”がトレードマーク、
フィンランド生まれの老舗ブランド「カルフ」。


今年、創業100周年を迎える「カルフ」は、北欧らしい鮮やかなカラーリングが春の足もとにぴったりです。
(「カルフ」ブランドディクショナリーはこちらから)

「THE NATURAL SHOE STORE」では、心地よさが約束された大切な一足だからこそ、快適性だけでなく、お気に入りとして長く愛情を注げるデザイン性にもこだわったセレクトを心がけているとか。デニムにスカートに、服選びと一緒に足もとまでスタイリングが楽しめる、そんな一足がそろっています。


〈カルフ〉アルバトロスエリート カリビアン/シルバー(ユニセックス) ¥12,960


〈エル ナチュラリスタ〉エルビアジェロ エナ ¥28,080


〈ダックフィート〉DN330 ブラウン ¥36,720

レザーのシートをはじめ、店内のインテリアも気持ちいい空間を作り上げています。


英国人アーティスト、スチュワート・ヘイガースによってMARK IS みなとみらい店のためだけに作られた廃材のシャンデリア「タイド・シャンデリア」も必見です。

自分にとって大切な時間は、お気に入りの靴を履いて心地よく過ごしたいもの。ぜひ皆さんも「THE NATURAL SHOE STORE」で春のおでかけにぴったりの一足を探してみて。