横浜みなとみらい21

PAGE TOP

ヨコハマのディープカルチャーストリート「黄金町」へGO!

Yokohama Deep Culture Street
のぞいてみたい、あるいてみたい「道」がある。
ディープ・カルチャー・ストリート
ウワサに聞いてずっと行ってみたかった場所へ。
「横浜って面白い!」そんな発見がここにはきっとあるはず。

LET'S GO 黄金町!!
横浜駅より京急線に乗って「黄金町駅」または「日ノ出町駅」から歩いてすぐ。

この大岡川に沿って京急線が走っています。その高架下&川沿いを歩いてきました!

大岡川は、桜のプロムナードとしても有名。(毎年4月初旬には大岡川桜まつりが開催されます)


お天気のいい一日。のんびりしたこの街には、野良猫もたくさん。ベスポジキープして、日向ぼっこ中〜。あったかくて気持ちいいにゃ〜。


突然、線路沿いを歩いていると旅荘が現れたりする。


この通りには、アーティストたちのアトリエも並びます。作品制作中のアトリエを外から撮影させていただきました。こうやって制作現場が覗けるのもこの通りの魅力♪


ライヤー・ベン《SUGAR CANE LADY PROJECT》

歩いていると、建物の壁面を利用したカラフルなパブリックアートが出現!ベトナムのアーティストによる、自国のサトウキビジュース屋台に描かれる女性のイラストを模した作品です。中央には黄金町の頭文字が!

さらに歩いていると、またまた大きな壁画を発見。

《ライヤー・ベン×京急キッズランド保育園4・5歳児壁画》2014


高架下を生かした建築で知られる、その名も「高架下スタジオ Site-Aギャラリー」。このギャラリーについては、こちらで詳しくご紹介しています。


たまたま店先で出会ったスタッフの小馬さんの笑顔に誘われて、昨年オープンしたという「cafe Go Ahead」でランチをいただくことに。


突然の訪問にも笑顔で対応してくださった小馬さん。お客さんもだいぶ定着してきて夜のバータイムめがけて来る人も多いとか。次はビール飲みに夜伺いますね!


「昨日いい牛スジが入ったのでカレーご用意できますよ」ということで、牛スジカレーと、生地から作るという人気のピザをオーダー。安くて旨っ!


近くのギャラリーでグループ展を開催する美大生3人がチラシを置いてほしいとお店に。もちろん小馬さんはにこやかにOK!


黄金スタジオの前で休憩中のわんこと、つかの間のふれあいタイムも♡ 大好きなおじいちゃんとお散歩、ここで必ず休憩するのだとか。出会えてよかった!


黄金町駅前に出たので、ぐるりとUターンして今度は大岡川沿いを歩いてみました。


「徐々に無くなりつつある昔の街並みを残したくてね」と、大岡川沿いで水彩画を描くお父さんと出会いました。黄金町の歴史を振り返りつつ、今まで知らなかったいろんなお話を聞かせてくれました。愛情たっぷりの素敵な絵です!


〈ゴミステーション美化プロジェクト〉

ゴミの不法投棄対策として作られたイラストレーター、イクタケマコトと子どもたちのコラボアートも見〜っけ!


太田小学校放課後キッズクラブのこどもたちが描いた電車の壁画もカラフル!


黄金町交番の屋根の上に注目!“イセタカくん”という伊勢佐木警察署の公式キャラクターが見守ります。


遠藤夏香《のりものと みはるもの とおりすぎるもの》2013


サーモメーター《するめちゃん〜黄金町探訪篇〜》2008


地域住民×建築家×NPOのアイデアで生まれたという、左右両方から使えるユニークなデザインの「かいだん広場」。イベントのない日は子どもたちの遊び場に。


こんなところに湧き水が!この「日ノ出湧水」は幕末・明治期から地域の生活用水として使用されていたそうです。毎年8月にはこの水を活用した打ち水イベントも実施されています。


湧水の向かい側には、ちいさながギャラリー。現代アートと陶磁器を中心とした作品を展示しているという「MZ arts」にもご挨拶してきました!


心よく撮影を許可してくださったMZ artsクリエイティブ・ディレクターの仲原正治さん。ありがとうございました!

さらに進むと、かわいらしいカフェを発見!


作家さんなど女性4人で運営しているというカフェ。4人の福と服にかけて名前は「よんふくカフェ」と名付けられたそう。木〜日曜のみ営業(12:30〜17:00)、週替り定食と、コーヒー・紅茶などのこだわりドリンクがそろいます。隣の「ato-rieよんふく」では、日常着やバッグなどを製作・販売!


アート、デザイン、建築などの古本を販売する「黄金町アートブックバザール」。むっつり店主がはたきをパタパタ…なんてイメージとは真逆のオシャレさ!
[営業]火〜日曜11:00〜19:00
[TEL]045-261-9559


横浜日ノ出桟橋付近にある「長谷川伸の碑」。小説家・劇作家、長谷川伸(1884-19636年)の生誕の地が大岡川黄金町のたもとにあったと伝えられています。現在の碑は、横浜日ノ出桟橋のオープンとともに再設されました。


初めて訪れた黄金町。静かにゆっくりと時間が流れる中で、アートと人と(犬&猫と)食と自然と歴史が混ざり合う街。たくさんの出会いを通じて、心があたたかくなるひとときでした。天気のよい週末に、ぶらりと歩いてみてはいかがでしょう?

関連記事

  • わんちゃんねこちゃんと暮らしている方にオススメスポット

  • お天気の心配ナシ!親子で遊んで、学べる施設

  • 夜景を満喫する

  • ファミリーで楽しむ