横浜みなとみらい21

PAGE TOP

ゆったり優雅な時間を過ごすなら、ホテルのアフタヌーンティー

19世紀半ばの英国。当時は“ボリュームのある朝食、ごく軽い昼食、遅い夕食”というのが食事スタイルでした。それでは夜までお腹がもたないと悩んだある公爵夫人が、お茶と一緒にパンとバター、ケーキなどを運ぶようメイドに頼みます。それが毎日の習慣となり、やがて友人たちを招き“午後のお茶会”という社交の場に変化しました。これが、本場英国における「アフタヌーンティー」のはじまりです。

横浜みなとみらいのホテルにも、スコーンやケーキなどが飾られたティースタンドを前に、お茶の時間が楽しめる「アフタヌーンティー」が用意されています。ホテルならではの落ち着いた空間で、優雅なひとときを過ごしてみてはいかが?

関連記事

  • ほっこり和食系。日本人でよかったと思う味に舌鼓

  • 季節を感じるオープンカフェ

  • 横浜ゆかりの“あの方”が愛するメニュー、教えます。

  • オンナひとりでも楽しめる店