横浜みなとみらい21

旧横浜港駅プラットホーム

赤レンガ倉庫から見て脇の方に「旧横浜港駅プラットホーム」と線路がオブジェのように飾ってある。この駅のプラットホームは1911年(明治44年)当時に横浜税関内の荷扱所として使われていたものでもあり、1920年(大正9年)には横浜港駅となり、東京駅からの汽船連絡列車も行き来するようになっていった。大正から昭和の間に活躍した臨港列車で東京駅から新港埠頭間を行き来していた。臨港列車は、蒸気機関車と5両の客車から構成されており人々からは「岸壁列車」と呼ばれるようになっていった。臨港列車の第1号は、1920年(大正9年)の7月23日に出帆したシアトル航路の「香取丸」向けに運行したものであった。そして関東大震災復興した1928年(昭和3年)には外航ターミナルの旧横浜駅プラットホームが設けられ海外との外航時代の最盛期を迎えた。今は赤レンガパークとしての休憩場所となっている。
  • ショップ
    スポット
    旧横浜港駅プラットホーム
  • 住所
    神奈川県横浜市中区新港1丁目1−2

Nightview一覧を見る>

  • Nightview

    ひかりに包まれる夜の遊園地はロマンチック!

    2016.11.25 up
  • Gourmet

    焼きたて極上チキンをテイクアウト!

    2016.11.25 up
  • Nightview

    幻想的なブルーの世界に包まれて

    2016.11.25 up
  • Nightview

    みなとみらいの入り口からの絶景夜景

    2016.11.25 up

関連ショップ・スポット

  • 新港サークルウォーク

  • 新港橋梁

  • 旧横浜港駅プラットホーム

  • ドックヤードガーデン

掲載記事

周辺のおすすめ