横浜みなとみらい21

PAGE TOP

ロシアの作曲家、プロコフィエフが歩いた1918年の横浜へ

(TOP画像/左)尾高忠明(指揮) ©Martin Richardson
(TOP画像/右)スヴェトリン・ルセフ(ヴァイオリン) ©Vahan Mardirossian

 

~100年前の横浜物語/ロシア音楽の醍醐味~

時は1918年、ロシアの作曲家プロコフィエフはアメリカへの亡命の途上、日本へ立ち寄りました。横浜のグランド・ホテルを中心に滞在し、日本の文化人と交流し、東京・横浜で自作自演のピアノ・リサイタルを行うなど、日本の音楽界に少なからぬ影響を与えました。この滞在からちょうど100年目。横浜の街角を歩いたプロコフィエフ、そのロマンをルセフ氏のストラディヴァリウスの響きと共にお楽しみください。ウォルトンの交響曲の名演が記憶に新しい、尾高マエストロとの「革命」は、圧倒的な感動と興奮を聴かせてくれることでしょう。

 

神奈川フィルハーモニー管弦楽団
定期演奏会 みなとみらいシリーズ 第341回
[日時]7月6日(金)19:00〜、7月7日(土)14:00〜
[会場]横浜みなとみらいホール 大ホール
[出演]尾高忠明(指揮)、スヴェトリン・ルセフ(ヴァイオリン)、神奈川フィルハーモニー管弦楽団
[曲目]リャードフ:交響詩「魔法にかけられた湖」Op.62、プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番 ト短調 op.63、ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 Op.47「革命」
[料金]S席¥6,000、A席¥4,500、B席¥3,000、25歳以下(当日)¥1,000、シニア(70歳以上)各席種10%引き
[TEL]045-226-5107(神奈川フィル・チケットサービス)
※チケット発売は6月18日(月)00:00まで。
[URL]http://www.kanaphil.or.jp/Concert/teiki_ensokai.php#551
※未就学児の入場はご遠慮ください。

横浜みなとみらいホール

クイーンズスクエア横浜にある1998年に開館したコンサートホールで、「海の見えるコンサートホール」として親しまれている。
大型のパイプオルガンを設置した大ホール(2020席)と、ウッドデッキの屋上庭園を隣接した小ホール(440席)があり、ほぼ毎日のようにコンサートが開催されます。

  • ショップ・スポット名
    横浜みなとみらいホール
    施設の情報を見る >
  • 住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-6

    横浜みなとみらいホール
  • 電話
    045-682-2000(チケットセンター)
  • 営業時間
    10:00〜17:00
  • 駐車場
    「みなとみらい公共駐車場」の割引券を販売(通常 ¥540/1h)、割引券:一般¥450、Miraist Club 会員¥350
  • 総座数
    大ホール(2020席)、小ホール(440席)

マップ

同じ施設のお店・スポット

  • 横浜みなとみらいホール
    [横浜みなとみらいホール ]

関連記事

  • かつて外国人が住んでいたアパートがギャラリーに!?

  • 病院船時代だった「氷川丸」の様子が公開されます!!

    開催期間:2018/06/05〜2018.12.02
  • 頭上をガタンゴトンと電車が走る、高架下にあるギャラリー

  • ヨコハマのディープカルチャーストリート「吉田町」へGO!