横浜みなとみらい21

Art&Culture
2020.08.21

原画&スケッチ展示、絵本づくりなどの参加型展示も! 親子3世代で楽しめる!

 

(TOP画像)Ⓒなかえよしを・上野紀子/ポプラ社

 

世代を超えて愛される絵本『ねずみくんのチョッキ』(1974年刊行)。シリーズ累計400万部を超え、現在36巻まで続く人気作は、作家・なかえよしを、画家・上野紀子夫妻の共同作業によって生まれました。この名作の誕生45周年を記念して、初めての大規模展覧会「誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界」を開催いたします。本展は新型コロナウイルス感染症による昨今の社会情勢を鑑み開催を延期しておりましたが、この度ついに2020年9月10日(木)から9月27日(日)までの横浜赤レンガ倉庫会場から開幕いたします。明治末期から大正初期に国の模範倉庫として建設され、今も多くの人々から愛され続ける横浜赤レンガ倉庫をスタートに、静岡県の藤枝市郷土博物館・文学館や東京都の松屋銀座などを巡回予定です。

 

親子3世代で楽しめる展覧会
原画やスケッチの展示に加えて、フォトスポットや自分でつくる絵本など、参加型展示もたっぷり。ご家族みんなでお楽しみいただける展覧会です。

 


Ⓒなかえよしを・上野紀子/ポプラ社

 

◎絵本原画、ラフスケッチなど150点が一堂に!
シリーズ最新作を含む絵本原画、スケッチなど約150点を展示。また、上野さんが絵を手掛け、小学校の教科書にも掲載された『ちいちゃんのかげおくり』の原画や、シュルレアリスムの油絵「少女チコ」シリーズの作品なども展示し、上野さんの絵の世界を紹介します。

◎ねずみくんのチョッキと耳をプレゼント!
会期中、小学生以下のご来場者様にねずみくんのチョッキと耳をプレゼントいたします 。ねずみくんになりきって展覧会をお楽しみいただけます。
※なくなり次第終了とさせていただきます。

◎名場面“ねずみくんのチョッキブランコ”と写真を撮ろう!
会場内には、読者から人気の高い名場面のフォトスポットを設置。お子さんやお友達と一緒に、写真撮影をお楽しみいただけます。

◎自分で作る!書き下ろし絵本『ねずみくんのスタンプ』
オリジナルの一冊がつくれる絵本『ねずみくんのスタンプ』を会場限定で発売。この展覧会のために、なかえよしをさんが書き下ろした新作絵本です。

◎展覧会限定アニメーションを放映
本展会場内にて、なかえ先生が展覧会のために作成したオープニングアニメーションを上映します。

◎展覧会限定グッズ&図録も充実!
約200点の展覧会限定グッズをはじめとした、バラエティ豊かなねずみくんグッズが大集合。チョッキを着たキュートな図録も、展覧会会場限定で販売いたします。

 


Ⓒなかえよしを・上野紀子/ポプラ社

 

「誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展」
なかえよしを・上野紀子の世界
[日時]9月10日(木)〜27日(日)11:00〜19:00(入場は閉場の30分前まで、最終日は17:00閉場)
[会場]横浜赤レンガ倉庫1号館 2Fスペース
[料金]
〈入場券〉
一般¥1,000、高校生¥800、小・中学生¥500
〈グッズ付入場券〉
一般¥1,500、高校生¥1,300、小・中学生¥1,000
[主催]ねずみくんのチョッキ展実行委員会
[共催]横浜赤レンガ倉庫1号館
[特別協力]ポプラ社
[問合せ]特設ホームページはこちら!!

 

 

SPOT INFO

横浜赤レンガ倉庫

明治、大正時代に国の模範倉庫として創建された横浜赤レンガ倉庫。当時の倉庫の面影を残し小さなお店が軒を連ねるショッピングフロアでは、横浜発の各種ブランドから横浜土産、横浜赤レンガ倉庫ならではのこだわりを持った個性あふれるショップなど、バラエティーに富んだショップが揃っています。

カフェ・レストランについても、気軽に利用できるフードコートから絶好のロケーションを活かしたムードある店舗まで、様々なシーンで利用できるお店が揃っています。

イベント広場では季節ごとに様々なイベントが催され、1号館のホール&スペースではダンスや演劇、コンサートなどの公演や各種展覧会を通じて横浜ならではの芸術、文化を創造、発信しています。

  • ショップ・スポット名
    横浜赤レンガ倉庫
  • 住所
    神奈川県横浜市中区新港1-1
  • 電話
    【1号館(ホール・スペース)】045-211-1515/【2号館】045-227-2002
  • 営業時間
    【1号館】10:00〜19:00 ※ホール・スペースはイベントにより異なる/【2号館】11:00〜20:00 ※カフェ、レストランは店舗により異なる