横浜みなとみらい21

Art&Culture
2020.09.11

神奈川県立音楽堂にて開催、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会

 

(TOP画像)川瀬賢太郎(指揮) ©︎Yoshinori Kurosawa

 

2021年1月23日(土)15時より、神奈川県立音楽堂にて、創立50周年を迎えた神奈川フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会が開催されます。

 

神奈川フィルハーモニー管弦楽団
定期演奏会
音楽堂シリーズ 第18回
[日時]2021年1月23日(土)15:00〜
[会場]神奈川県立音楽堂
[出演]川瀬賢太郎(常任指揮者)、モーツァルト・シンガーズ・ジャパン(タミーノ:望月哲也、パミーナ:文屋小百合、夜の女王:針生美智子、パパゲーナ:鵜木絵里、パパゲーノ・構成:宮本益光)、神奈川フィルハーモニー管弦楽団(管弦楽)
[曲目]イベール:モーツァルトへのオマージュ、チャイコフスキー:組曲第4番ト長調Op.61「モーツァルティアーナ」、モーツァルト:歌劇「魔笛」K.620(MSJ版)
[料金](全席指定)S席¥4,500、A席¥3,500、ユース(25歳以下)完売の場合を除き当日のみ¥1,000、シニア(70歳以上)各席種10%引き
[主催]神奈川フィルハーモニー管弦楽団
[共催]神奈川県、横浜市、神奈川県立音楽堂(公益財団法人神奈川芸術文化財団)
[後援]日本モーツァルト協会
[問合せ]045-226-5107(神奈川フィル・チケットサービス/火・水曜10:00〜13:00)
※こちらの公演は、新型コロナウィルス対策座席表でのご案内で現在入場人数の上限に達したためチケットの販売は終了しております。政府や神奈川県からの上限解除があれば再販売の可能性がありますので、詳細は神奈川フィルハーモニー管弦楽団の公式サイトでご確認ください。

 

 

SPOT INFO

神奈川県立音楽堂

神奈川県立音楽堂は、1954年、公立施設としては日本で初めての本格的な音楽専用ホールとして開館しました。ロンドンのロイヤルフェスティバルホールをモデルに、最高の音響効果をあげるように設計されたホールは、開館当時『東洋一の響き』と絶賛され、その響きは今も国内はもちろん海外からも高い評価を受けています。ホールの壁面はすべて「木」で作られており、そのアコースティックな響きは開館から60年を経た今でも人々に感動をあたえつづけています。また、地域に根ざした優れた公共施設として1998年に建設省より「公共建築百選」に選ばれ、加えて1999年には20世紀の重要な文化遺産である建築としてDOCOMOMO(ドコモモ)(近代運動にかかわる建物・環境形成の記録調査および保存のために設立された国際的組織)より「日本におけるモダン・ムーブメントの建築20選」に選ばれました。

  • ショップ・スポット名
    神奈川県立音楽堂
  • 住所
    神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘9-2
  • 電話
    045-263-2567
  • 営業時間
    公演内容により異なります。 [受付時間]9:00〜17:00 (チケット窓口13:00〜17:00) [休館日]原則として毎週月曜日 および年末年始(12/28〜1/4)
  • URL